三谷幸喜、今後仕事したい相手は「コットン・きょん」「ケイト・ブランシェット」

投稿日:2022/11/02 10:37 更新日:

11月2日放送の「ZIP! 」(日本テレビ系)では、脚本家の三谷幸喜さんが出演。三谷さんは自作で起用したい人を明かし話題を集めました。

三谷幸喜

(画像:時事)

三谷幸喜、今後仕事したい相手は?

水卜麻美アナウンサーは本業の脚本家に加え舞台の演出、映画の監督、情報番組のキャスターを務めるなどマルチに活躍する三谷さんと対談。

水卜アナが「最近ご覧になった方でこの人と仕事したいと思ってる人はすでにいっぱいいますか?」と尋ねると、三谷さんは「あの人面白いですね。コットン・きょんさん。『キングオブコント2022』準優勝されて優勝はできなかった」と回答。

この話を聞いた水卜アナは「(三谷さんの)次の作品で見られるかも?」と問いかけると、三谷さんは「そうですね」と応え、きょんさんの起用に含みを持たせます。

そして、三谷さんが「あとはケイト・ブランシェット」と話すと水卜アナは「意外!」と驚きの声をあげます。

三谷さんは「コットン・きょんか、ケイト・ブランシェット。演技はよっぽど上手い人は別だけどあとは大体みんな一緒っていうとあれだけど…大事なのはそれ以前の人としての魅力みたいなものじゃないですか」とキャスティングで大事にしている事を明かします。

三谷幸喜のこれから叶えたい夢とは?

インタビューの中で、水卜アナが「世の中に伝えたいメッセージとか(ありますか)?」と聞くと、「何もないんですね。笑いはありますよ。楽しんでもらいたい。世の中を変えたいと思うんだったら、多分僕は政治家になる気がするんですよ」と三谷さんからは意外な答えが。

三谷さんは「僕自身も今までの人生の中で笑いに助けられた瞬間とかもありますから、笑わせるって事でそれが目的で人を幸せにできるそれで十分」と作品を通じて伝えたい事を明かします。

61歳になった三谷さんにこれからの夢を尋ねると、三谷さんは「やっぱり振り返って自分は代表作と呼ばれるものはあるのか?自信持って『こんなもの僕は作ったみなさん喜んでください』って言える作品がないんですまだ」とコメント。

さらに、三谷さんは「この作品を作るために生まれてきたと自信持って言えるものがないから、そのままだとつまらないからなんとかそういうものを作りたいとは思うんですけど」と叶えたい夢を明かします。

水卜アナによると三谷さんは「これから人生であと何本作れるだろうと考えて3本は代表作を作りたい」と意気込みを語っていたとのこと。

今回の放送にはネット上で「本当に三谷さんはきょんさん好きなんだな」「三谷幸喜さんがまたキャスティングしたい人で『コットンきょん』っていってたんだけど『コットンきょんかケイトブランシェット』って言ってて笑ったw振り幅w」「三谷幸喜がいつか一緒に仕事をしたい人 コットンのきょんかケイトブランシェット」などのコメントが。

自作で起用した人を聞かれた三谷さんがアカデミー主演女優賞と助演女優賞を受賞したハリウッドきっての実力派女優のケイトさんと、お笑い芸人のきょんさんをそれぞれ指名したのが面白かったですね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.