あらゆる偏差値が高い男・田中圭、半導体の説明をスラスラ始めファンを深く深く沼にはめる

投稿日:2022/11/01 17:58 更新日:

10月31日放送の「千鳥のかいつまんで教えてほしいんじゃ!」(TBS系)に、田中圭さんが出演。進学校出身の田中さんは、半導体に関するクイズに正解し、話題を集めました。

田中圭

(画像:時事)

■渋幕出身の田中圭

今回ゲストとして登場した田中さんは、進学校として知られる渋谷教育学園幕張中学校・高等学校出身。

千鳥・ノブさんが「このグループに田中圭くん」と話すと、相方の大悟さんは「ちょっとおかしいよね。断らないと」と相槌を打ちます。

続けて、ノブさんは「圭くんて、めちゃくちゃ頭いいんじゃなかった? 何か噂で聞いたら圭くんってすごい進学校に通って流って聞いた」と尋ねると、田中さんは謙遜気味に「昔の話ですから」とコメント。

また、ノブさんが「そのまま東大に行くとこですよね?」と話を振ると、田中さんは「学校はそうですね。小学校の時に中学受験はしてたんで、やっぱり自分のチビ(子供)がちょうど中学受験なんで、改めて自分の出身校の偏差値を見ると、俺こんなにすごかったのかな、みたいな」と話し、笑いを誘いました。

■田中圭の頭の良さに反響

番組の最後のテーマは「半導体」。

ノブさんが「圭くん半導体は何かわかりますか?」と話を振ると、田中さんは「何となく」と答えます。

そう言いつつ、「半導体は…電気通すものと通さないものあるじゃないですか。その性質の半分の半導体、電気を通したり通さなかったりするから、電化製品とか電気を使う製品には必要な、ゲームとか車とか、そういうのに必要なチップ的なやつでしょ。携帯とか電気使うのに必要なやつじゃないですか」と答えます。

専門家による回答は、「電化製品のすごく便利な機能を実現させてくれる超ハイテクなもの。半導体は1940年代後半にアメリカで発明された電気を通したり通さなかったりできる部品」。

田中さんが見事にクイズに正解したため、ノブさんは思わず「初めてスタジオで正解者が出た」とコメント。

さらに、ノブさんは「初めてじゃないですか? 最初の予想通りに正解が出たの」と話すと、田中さんは「ちゃんと当たってましたね。良かった良かった」と話し、安堵の表情を浮かべます。

また、大悟さんは「何か学校思い出した。1人できるやつおったな」と、田中さんを讃えました。

今回の放送にはネット上で、「推しが頭も良くてまた好きになっちゃうね半導体説明出来るのカッコ良すぎるよね」「圭さんスゴすぎる…半導体説明できるなんて…めっちゃ尊敬!!これで私も覚えた!」「さすが圭くん!半導体を説明できる男賢いわ〜惚れるわぁ〜」などのコメントが上がっています。

顔面偏差値が高いだけでなく、出身校の偏差値も高い田中圭さんのバキバキの実力を見せつけられた今回の放送。「田中圭」沼にさらに深くハマってしまったファンの声で溢れていました。

また、大悟さんによる学校に1人いる「できるやつ」を思い出したというコメントに共感した人も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
千鳥のかいつまんで教えてほしいんじゃ!
https://tver.jp/episodes/ep7fdyb8ls

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.