副業で“激安”学習塾オーナー 笑い飯哲夫、儲けについて大胆暴露

投稿日:2022/10/07 12:22 更新日:

毎週木曜日の深夜に放送されているテレビ番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)。10月6日の放送では、お笑いコンビ・笑い飯の哲夫さんが登場。M-1優勝賞金の使い道を明かしたり、オーナーを務める学習塾について、その儲けを告白したりする場面があり反響を呼びました。

哲夫

(画像:時事)

■笑い飯・哲夫、M-1優勝賞金の使い道は意外すぎる“アレ”だった?「それを言っちゃうと好感度…」

笑い飯といえば、M-1グランプリに9大会連続で決勝へ進出し、2010年大会では見事優勝も成し遂げたことでも知られています。M-1の9大会連続決勝進出は後にも先にも笑い飯だけで、前人未到と言っても過言ではありません。

そして、M-1の優勝賞金は1000万円ですが、哲夫さん曰く、諸々引かれて自分の元に入ったのは「420万円くらい」だったそうです。

次長課長・河本準一さんに「とんでもない額やん。あの当時で言うと。何に使ったん?」と聞かれると「1番これでバァッと使ったのはあるんですけど…」と切り出す哲夫さん。

「それを言っちゃうと好感度上がりすぎるから」という理由でなかなか話してこなかったものの、賞金の大半の使い道は「寄付です」と明かしました。

■M-1王者に輝くも活動拠点は関西のまま、笑い飯哲夫が明かしたその理由とは!?

M-1王者になった関西出身の芸人は東京に進出するケースが多いなか、未だに笑い飯の活動拠点は関西のままです。

優勝した直後、笑い飯は「東京に行かせていただいていいですか?」と吉本の社員に尋ねたところ「関西の漫才師には力を入れたいから。お前らはやっぱり漫才があるから、関西で漫才界をなんとか盛り上げてくれ」と引き留められたと言います。

そして、関西での冠番組を増やしてもらう代わりに、関西に残る決意を固めた笑い飯。当時を振り返った哲夫さんは「テレビがね。やっぱりM-1のチャンピオンになったら、段々と関西でも『冠(番組)が増えるかな?』と思っていたんですけど、増えなかったんですよね」と告白。

後日、笑い飯の東京行きを思いとどまるよう説得してきた吉本の社員と話す機会があった時「お前らいつまで関西おんねん!はよ東京行かんかい!」と、まさかの言葉が飛んできたそうです。

哲夫さんは「もうムチャクチャやな!」と、当時の出来事を笑いながら語りました。

■副業で“激安”学習塾オーナー 笑い飯哲夫、儲けについて大胆暴露

また、哲夫さんは2014年から、お笑い以外にも学習塾のオーナーを務めています。大卒の若手芸人たちを先生として雇い、およそ50人ほどの生徒に授業をしていると言います。

学習塾のオーナーと聞くと儲けているようにも思えますが、哲夫さん曰く「全く稼ぎがない」とのこと。

この学習塾は哲夫さんが社会貢献を目的にスタートさせたもので、価格が“激安”という点が特徴。哲夫さんは「1番安いので5000円とか」と話します。

「僕の利益は全くなくて、バイトの先生に『時給なんぼ』言うてバイト代を持って帰ってもらっているって感じです」と、その実態を明かしました。

ネット上では「笑い飯の哲夫、聖人じゃん」「哲夫人格者過ぎる」「哲夫カッコ良すぎやろ…」など、哲夫さんの行動を称賛する声が上がっています。

普段は劇場の出番で漫才もこなし、活躍のフィールドが多岐にわたる笑い飯。東京進出をしなかった理由から学習塾事業の裏話まで、聞き応えたっぷりでしたね。

【番組情報】
じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~
https://tver.jp/lp/episodes/ep8h1p0rcq

(文:横浜あゆむ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.