“まいんちゃん”から9年、福原遥「今日も頑張ろうって思ってもらえるような作品」朝ドラ『舞いあがれ!』

投稿日:2022/10/03 15:59 更新日:

10月3日放送の「NHKニュースおはよう関西」(NHK総合・関西ローカル)では、女優の福原遥さんがVTRで出演。NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」で主人公・岩倉舞を演じる福原さんがドラマへの意気込みを語り話題を集めました。

福原遥

(画像:時事)

■福原遥、朝ドラヒロイン役に「最初はすごい不安でいっぱい」

3日から放送が始まった新朝ドラ「舞いあがれ!」は、飛行機のパイロットを目指す主人公・舞の成長を描く物語。

武田真一アナウンサーが「物語は繊細で穏やかであると細かい演技っていうのは難しくないですか?」と問いかけると、福原さんは「はい…難しいですね。最初はすごい不安でいっぱいでした」と心境を語ります。

その難しさを乗り越えるために「現場でそれこそ小さい頃の舞ちゃんの現場にたくさんお邪魔させていただいて」と、撮影現場に足繁く通ったという福原さん。

「そこで徐々にこういう風に心境も変わって、こういう風に成長していってるんだなっていうのを実際見て感じれたので、そういう部分からヒントをいっぱいもらって」と舞の幼少期を演じた浅田芭路ちゃんの演技を参考にした事を明かします。

また、武田アナは「向かい風を受けてこそ飛行機は空高く飛べる!」というドラマのキャッチコピーについて聞くと、福原さんは「苦しい時は絶対あると思うんですけど、苦しい時期もすごく大切で…。そういう時期に出会った仲間だったり一緒に頑張ってきた人達って、その人にとってすごく大切な存在になると思いますし。そこを乗り越えた先に絶対素敵な未来が待っていると思うので」と語りました。

■“まいんちゃん”から9年、福原遥「今日も頑張ろうって思ってもらえるような作品」朝ドラ『舞いあがれ!』

「舞いあがれ!」はNHK大阪放送局が制作するドラマということで、武田アナが「大阪どうですか?」と尋ねると、福原さんは笑顔を浮かべ「楽しいです!」とコメント。

続けて、福原さんは「東京から大阪に引っ越してくるタイミングで、不安で大丈夫かなみたいな。皆さんと馴染めるかな、楽しくできるかなってすごい不安だったんですけど、皆さんが来た瞬間に『お帰り!』って言って、こっちで待っててくださって、それ聞いた瞬間『大丈夫だぁ〜!』ってすごい安心して、それがすごく嬉しくて」とスタッフが温かく迎えてくれた事を明かします。

さらに、福原さんは「この『舞いあがれ!』は主人公の舞ちゃんが最初は自信がなかったり一歩を踏み出せなかったり、自分の意見が言えない女の子なんですけど…。どんどん強くなりたい、みんなに喜んでもらいっていうそんな想いから成長していく女の子なんで、今日も頑張ろうって思ってもらえるような作品を届けられたらと思っています。ぜひ楽しんで見てください」と、視聴者にメッセージを送りました。

今回の放送について、ネット上では「直前のおはよう関西での福原遥さんのインタビューの言葉とback numberのつくる曲が重なる気がして涙がでてきた後8時からの放送をみた。音が声が聴こえた瞬間安心してあったかい気持ちになってずっと涙がとまらなかった。これから一緒に大切な時間を過ごしたい」「朝ドラの王道になりそうな予感。大阪制作、期待しかない」「福原遥さんインタビュー、アナウンサーさんデレデレやがな!」などのコメントが上がっています。

福原さんが東京から大阪に来た時にスタッフが「お帰り!」と温かく迎え入れたエピソードが素敵でしたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.