尾上松也なんなん!?山崎育三郎と罵り合いをおっぱじめ、見かねた井桁弘恵が仲裁に入る

投稿日:2022/09/19 10:17 更新日:

9月18日放送の「おしゃれクリップ」(日本テレビ系)では、歌舞伎役者の尾上松也さんが出演。MCの山崎育三郎さんとの三番勝負に挑む松也さんの姿が話題になりました。

尾上松也

(画像:時事通信フォト)

■尾上松也なんなん!?山崎育三郎と罵り合いをおっぱじめ、見かねた井桁弘恵が仲裁に入る

今回のゲストは育三郎さんの友人でもある松也さん。共に野球が趣味で、2人は過去に野球×エンターテインメント「ACTORS☆LEAGUE 2021」が開催された際、松也さんがピッチャー、育三郎さんがバッターで対戦。この時は育三郎さんをボテボテのサードゴロに打ち取り松也さんが勝利していました。

今回の番組では、MCの井桁弘恵さんが「野球は松也さんが勝利されたという事で」と話を振ると、松也さんは「あの投球の時は僕は全然勝つつもりなんか正直なくて、打ってもらいたかったんですよ。盛り上げるために打ってって投げたんですけど、才能が足りなかったんですかね」と応えます。

すると、育三郎さんは「これは言わせてくれ。球が飛んで来たら僕の手前でヒョイって曲がったんです。この男はカーブを投げてきたんです」と松也さんは打ち取る気満々だったと反論。

松也さんが「これは本当にね、育っくんもうそれはやめた方がいい恥ずかしい」と嗜めると、育三郎さんは「あれは俺はも打ちやすいのマツありがとうと思ったらクイって曲がって」と負けず嫌いを発揮。

2人の言い合いが止まらなくなったので、井桁さんは「ちょっと待って!いいです…そのごちゃごちゃした喧嘩、すごいバチバチしてる」と喧嘩の仲裁に入るのでした。

■尾上松也と山崎育三郎が三番勝負に挑む!その結果は…

今回、松也さんと育三郎さんは「野球」「お絵描き」「サプライズ」の3つの項目で対戦。

1勝1敗で迎えた最後の「サプライズ」で松也さんは阪神タイガースやヤクルトスワローズで活躍するなどトーマス・オマリーさんの野球カードを用意。育三郎さんはオマリーさんの大ファンとのこと。

さらに、VTRでオマリーさん本人からメッセージが届いている事が分かると、育三郎さんも「これはすごかったです衝撃がすごい」と、感極まった表情を浮かべます。

一方で、育三郎さんも負けじと福岡・博多在住の松也さんの友人からのメッセージをVTRで準備していました。思わぬ人物の登場に松也さんは「僕らからしたらなかなかのビッグゲストでしたよ」とコメント。

最終的に松也さんが「これはもう引き分けだね。ちょっと甲乙つけ難いです」と伝えると、育三郎さんも「これは同点だ」とドロー判定に納得していました。

今回の放送について、ネット上では「おしゃれクリップ面白すぎてやばい、松也さんと育さんの勝負w去年のアクターズリーグ直接対決のごちゃごちゃした喧嘩」「才能が足らなかった、カーブ投げてきたんです。初っ端からごちゃごちゃした喧嘩始まる本当仲良し」「いっくんも松也くんも負けず嫌い、今日はいげちゃん大変」などのコメントが上がっています。

オープニングから「ごちゃごちゃした喧嘩」を始めた松也さんと育三郎さん。2人の仲の良さが伝わってきましたね。

【番組情報】
おしゃれクリップ
https://tver.jp/episodes/epebclvm2o

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.