吉野北人、THE RAMPAGEのルールを明かす!その様子に加藤浩次「修学旅行みたい」

投稿日:2022/08/19 14:24 更新日:

8月19日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)では、 THE RAMPAGE from EXILE TRIBE・川村壱馬さん、吉野北人さん、NCT・中本悠太さん、BE:FIRST・三山凌輝(RYOKI)さんが出演。吉野さんがTHE RAMPAGEのルールを明かし話題を集めました。

加藤浩次

(画像:時事)

■4人が劇中歌「Wings」の魅力を語る

番組では、映画『HiGH&LOW THE WORST X』に出演している川村さん、吉野さん、中本さん、RYOKIさんが登場。

18日には4人が歌う劇中歌「Wings」が解禁されたということで、川村さんは「THE青春っていう景色が浮かんでるくるような。4人で歌う時の事を想像した時にすごいワクワクしました」と楽曲について解説。

続けて、吉野さんは「歌詞もすごい仲間感だったりとか絆を感じさせるメッセージ性もありまして、エモい楽曲になっているんで、それを4人で歌うっていうところに化学反応が生まれて素敵な楽曲になるんだろうな」と曲の印象を明かします。

また、中本さんは「色んな友への思いだったり信念だったりっていう思いがある作品なので、4人が合わさった時に友っていう考えは違うかもしれないですけど、そこで何か良い感情が生まれるんじゃないかな」と語りました。

さらに、RYOKIさんは「アーティストとして活動している4人だからこそ作品を盛り上げる事の1つにも出来たと思うし、ぜひ楽しみにしていただけたらなと思います」とのメッセージを伝えます。

■吉野北人、THE RAMPAGEのルールを明かす!その様子に加藤浩次「修学旅行みたい」

ここで、各グループのルールについて、中本さんは「僕らはコンサートの時に決まってやる事があるんですけど、気合い入れる意味で韓国語でカジャっていう単語があるんですけど、それが行こうっていう意味なんですけど日本語で…。みんな9人で手合わせて『レッツ、カジャ』ってやった後にステージの上に立ちますね」と明かします。

続けて、RYOKIさんは「それこそ僕達もライブの時に全員1人ずつハグしますね。毎回ハグして耳元でふざけます。リラックスもできるし気合いも入るしっていう意味なんですけど、ルールっていうか自然な流れルーティーンみたいな感じ」とコメント。

また、吉野さんが「16人いるんで現場だったりとか移動の時とかはやっぱ広がっちゃうとめちゃくちゃ目立つし、迷惑になっちゃうんでだいたいみんな2列に並んで仲良く歩く。暗黙のルールみたいな」と話すと、MCの加藤浩次さんは「修学旅行みたい」と、その光景を想像するのでした。

■4人の姿に視聴者感激「皆さんかっこいい」

今回の放送について、ネット上では「Wingsについてのコメントをひとりひとり聴けてより一層この4人が曲に込めた想いを感じました」「ちょうどリアタイ出来た悠太くんはもちろん、皆さんかっこいい!過酷な撮影を乗り越えた仲の良さを感じました」「2列に並んで移動するランペは確かに修学旅行生、朝からイケメン4人が見られてPOWER補給ができました。ありがとうございました」などのコメントが上がっています。

THE RAMPAGEのメンバーが2列になって歩く姿を想像して、加藤さんと同じく「修学旅行」のようだと感じた人も多かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.