渡辺直美がレジェンド芸能人にドッキリ!?自身の「ニューヨークで通じる武器」明かし話題に

投稿日:2022/08/08 18:01 更新日:

毎週月曜から木曜日、お笑いトリオ・パンサーの向井慧さんがメインパーソナリティを務めるラジオ番組「パンサー向井の#ふらっと」(TBSラジオ)。8月8日の放送では、ゲストにタレントの渡辺直美さんが登場。渡辺さんがタモリさんにドッキリを仕掛けたことがあると明かし、話題となりました。

渡邊直美

(画像:時事通信フォト)

■渡辺直美がレジェンド芸能人にドッキリ!?

2008年3月~2010年4月まで「森田一義アワー 笑っていいとも!」(フジテレビ系)内で「いいとも少女隊」として活躍していた渡辺さん。

渡辺さんは「怖いよ~!まだ1年目とかだったから」としつつも「月~金でタモリさんと毎日一緒に出るわけだから、もうタモリさんとの距離感もバグちゃってさ~」と明るく語り、周囲を笑わせます。

最初こそ、タモリさんに対して「うわ、レジェンド!」と緊張していたものの、毎日一緒にいるにつれて家族のような関係になり、時にはドッキリを仕掛けることもあったとのこと。

渡辺さんは「強力な両面テープを手に貼って、タモリさんが来たら『今日もよろしくお願いします』って握手して。それでベターッってなって『な、なんだこれ!?』って」と明かし、またもや笑いを誘いました。

■渡辺直美、自身の「ニューヨークで通じる武器」明かし話題に

日本で大活躍し、現在はニューヨークに拠点を移している渡辺さんに対して「ニューヨークでお笑いをやるってなったら、言葉の壁も出てくるよね?」と問いかけた向井さん。

渡辺さんは「もう、これが一番の問題です」と大きくうなずき「そんなことを一から勉強している時間はありませんから、我々は。だから私にしか見えない角度の、私にしか経験出来ないことの、お笑いをやるしかないんですよ。(育ってきた環境が違うから)今さら"あるある"とか言えないでしょ?だから、今の私が思う面白いことをやるしかない」と自身の考えを明かします。

そんな渡辺さんに対し、向井さんが「直美自身の、ここだったら笑わせられるっていうポイントはどこなの?」と質問すると、渡辺さんは「本当にこれは誇りに思いたいんだけど、下ネタ」と断言して周囲は大笑い。

続けて「もう今、下ネタ一本でやらせてもらってます。今のところ英語がハチャメチャだから。下ネタはすぐ通じるから」という渡辺さんに、周囲が「そうなの!?」と驚くなか、月曜パートナーの滝沢カレンさんは「聞いてみたい!英語で」と声を弾ませていました。

ネット上では、番組を聞いたリスナーから「タモリさんにイタズラできる距離の詰め方、さすが直美さん(笑)」「タモリさんも優しい」「下ネタは世界共通ww」などの声が上がっています。

渡辺さんがタモリさんにドッキリを仕掛けていたとは驚きでしたね。今は「下ネタ一本でやらせてもらってます」と断言する渡辺さんに、思わず大笑いしてしまったリスナーも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
パンサー向井の#ふらっと
https://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20220808083000
(文:藤峰あき/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.