芸人おいでやす小田ことマルチタレント小田芳裕の"京都大好き芸人"アピール、渋谷凪咲がついに指摘「京都感がない」

投稿日:2022/07/28 10:24 更新日:

7月26日深夜放送の『凪咲とザコシ』(テレビ朝日系)に、おいでやす小田さんがゲスト出演。小田さんの魅力を引き出す、新キャラを発掘する企画が放送され、ベテラン芸人が困惑する姿やその結末に注目が集まりました。

おいでやす小田

(画像:時事通信フォト)

■芸人小田ことマルチタレント小田

番組冒頭、NMB48・渋谷凪咲さんの「俳優で声優で芸人のおいでやす小田さんです!」との紹介で登場した小田さん。

先週の放送で、イケてるマルチなタレント"小田芳裕"として本名で出演していたことから、今週も同じ紹介されたことに納得できない様子の小田さん。

渋谷さんを指差しながら、「(その紹介)『辞める』って言ってたやんけ!」と大声で叫び、あまりの声量に「もう耳痛い」と、渋谷さんも思わず耳を塞いでしまいます。

渋谷さんが怖がる中、小田さんは「約束違うやん! だって終わりやったやん! もう」と叫び続け、ハリウッドザコシショウさんは「反社の方?」とツッコミを入れ、盛り上がりました。

■小田の"京都大好き芸人"アピール、渋谷がついに指摘「京都感がない」

京都府出身のため、芸名に"おいでやす"とし、Twitterのアカウント名にも"京都大好き芸人"を加えている小田さん。

渋谷さんは、「(芸名)呼んでてもちょっと違和感があるんですけど…全く"おいでやす"感がないですよね?」「なかなか京都感がない」と、ボソリとコメント。

その後、名前負けせず、小田さんの魅力を最大限に引き出せるような新キャラを発掘していく流れに。

この提案に、小田さんは「これはほんまにええかもしれん。ピン芸人って(キャラがあった方が)強いんすよね」と上機嫌になり、企画にノリノリの様子でした。

■小田「ちょっと勘弁してもらっていいですか?!」新キャラを遂に発見も困惑?

その後、渋谷さんとザコシショウさんの提案で、カリスマキャラROLANDさん風、福山雅治さん風、リスになっちゃう男など、さまざまなキャラを披露。

しかし、残念ながらどれもパッとすることがなく、小田さんは「何にツッコんでええんかわからへんわ、もう」と、2人が提案する破天荒なキャラに頭を抱え、笑いを誘います。

「なんか自虐キャラ? で言うたら(ピン芸人の)ヒロシさんがいるじゃないですか? それを京都弁でみたいな」と、小田さん自ら、ヒロシさんを真似た自虐キャラ"哀愁の京都メガネ"を提案。

小田さんは、「メガネどすぇ。メガネの度合うてへんのんに、7年ぐらい同じメガネかけてましたえ」と、真剣に新キャラに挑戦します。

しかし、途中で「ちょっと勘弁してもらっていいですか!?」と笑いながら困惑し、盛り上がりました。

迷走を繰り返した今回の企画ですが、「むめっちゃ楽しかったです、僕!」と企画に大満足した小田さん。

ネット上では、「神回だった~」「全部がいい…!!まさかあんな清々しい終わり方するなんて…」「ベテラン芸人が困惑してる姿がとてもおもしろでほっこり」「小田さんが出てるの面白いな」など楽しんだ人の声が上がりました。

マルチタレントの小田芳裕さんとしてだけではなく、さまざまなキャラが発掘された企画には、小田さんの魅力がたっぷり詰まっていましたね。

【番組情報】
凪咲とザコシ
https://tver.jp/lp/episodes/ephls8wn4j

(文:葉加瀬ミカ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.