Saucy Dog石原、恋愛ソングの歌詞は「9割実体験」だった!?

投稿日:2022/07/26 10:16 更新日:

7月25日放送の「沼にハマってきいてみた」(NHK Eテレ)では、3ピースロックバンドのSaucy Dogがゲストとして登場。Saucy Dogの楽曲の作詞し、ボーカル / ギター担当の石原慎也さんが恋愛ソングの歌詞は「9割実体験」が反映されている事を明かし話題を集めました。

マイク

■Saucy Dog石原、恋愛ソングの歌詞は「9割実体験」だった!?

番組ではSaucy Dogのファンにアンケートを実施。多くのファンがSaucy Dogの魅力として歌詞をあげます。

番組MCのラランド・サーヤさんが「実体験なんですか?あれは」と尋ねると、石原さんは「9割実体験」と回答。

この話を聞いたCreepy Nuts・DJ松永さんは「えっマジで!?すっごいっすね」と驚きの声をあげます。

石原さんによると「だから1人の人を何曲もとかもあるし」と同じ女性との体験が何曲にも反映されるケースもあるとのこと。

また、松永さんが「『シンデレラボーイ』とか途中から具体的になってきますよね」と話を振ると、石原さんは「そうなんですよね。あれは自分が経験したことを逆に書いた…。女性目線で書いたアレなんですけど書いたら結構ハマって」とコメント。

■Saucy Dog石原、歌詞へのこだわりを明かす

さらに、Saucy Dogの大ファンという山之内すずさんは「ワードセンスが本当に素晴らしくて聴き心地もいいし、すごい何か綺麗に韻が踏まれていたりだとか…『今更だって僕は言うかな』っていう曲の"青って一体"と"会おうって言いたい"とか、そういうのが綺麗にハマってるから」と石原さんのワードセンスを絶賛。

この話を聞いた松永さんが「同音異義語で」とつぶやくと、石原さんは「松永さんの前で韻の話すんのやめて!」とツッコミを入れ、笑いを誘いました。

そんな石原さんは「言葉が遊びが好きで… たまたまもあるし、ちゃんと意識して書く時もあるしみたいな」と歌詞に対するこだわりを明かします。

また、松永さんが「あと恋愛ソング以外にもあるSaucy Dogはもう」と話を振ると、山之内さんは「私、大好きですもう…。上京してからもずっと聴いてましたけど『BLUE』っていう曲とか、ほんとに応援ソングが私、大っ嫌いなんですけど」とコメント。

続けて、山之内さんは「頑張れだとか努力は報われるとか、そういう歌詞がすごい苦手だったんですけど…。Saucy Dogさんの歌詞では逃げてもいいとか、もう過去の事を許してあげてもいいみたいな事をずっと言ってくれるから、上京してすぐの1人でどうにもなんない時にずっと聴いてました」とこの楽曲の歌詞が心に響いた理由を明かしました。

■Saucy Dog石原のトークに反響

今回の放送について、ネット上では「石原さん、松永さんの前で韻の話するのやめて(笑)」「同音異義語、松永さんの前で韻の話するのやめてって言われてて草」「松永さんの前で韻の話するのやめてってめっちゃ笑った」などのコメントが上がっています。

DJ松永さんの前で韻の話をされて、少し慌てる石原さんの姿に思わずクスっとなってしまった人は多かったようですね。

また、石原さんが恋愛ソングの歌詞に9割実体験を反映させていた事に驚いた人もいたのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.