パンサー尾形、危険な仕事の前に家族に伝えている事を明かす「何かあったら保険金も入るから」

投稿日:2022/07/24 12:02 更新日:

7月24日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)では、オードリー・春日俊彰さん、パンサー・尾形貴弘さん、あばれる君が登場。尾形さんが今までで一番辛かった仕事を明かし話題を集めました。

尾形貴弘

(画像:時事通信フォト)

■パンサー尾形、一番辛かった仕事は「落とし穴に7時間半入ったやつ」

今回の番組では、あばれる君が「一番辛かった仕事あります?決められます?」と尋ねる場面が。この質問に、尾形さんは「落とし穴に7時間半入ったやつはあれはきつかったっすわ」とコメント。

尾形さんは「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の「落とし穴に落ちたのに一向にネタばらしが来ないまま日が暮れたら正気じゃいられない説」に参加して、7時間かけて脱出する偉業を成し遂げました。

当時について、尾形さんは「あれホントにもう精神が崩壊というか」と過酷な体験になった事を明かします。

一方で、あばれる君は「元旦にアメリカで牛にぶつかる仕事。これがホントに怖かったっすね」と、辛かった仕事を告白。

さらに「トラックじゃないっすか。それにバブルボールみたいなのに入って、牛がゲートからバン!って出て、闘牛にぶつかるっていう仕事だったんですけど、バチコーン!ボン!吹っ飛ばされてめっちゃ吹っ飛びました」と振り返るあばれる君。

また、春日さん「怪我はしなかった?」と問いかけると、あばれる君は「ちょっとそれは言えないんです」と言葉を濁します。

この話を聞いた春日さんは「してるじゃねえか!」とツッコミを入れるのでした。

■パンサー尾形、危険な仕事の前に家族に伝えている事を明かす「何かあったら保険金も入る

そして、子供ができてからの心境の変化について、春日さんが「娘にさえ好かれてればどんな目に遭ってもいいみたいな」と持論を展開すると、尾形さんも「子供にさえ好かれてればいい感じしません?」と春日さんの意見に共感します。

続けて、春日さんが「それはでも変わった?子ができてさ、体張るじゃない、そん時の何かさ、ヤバいこれでえらい事になったら家族が困るなみたいな」と話を振ります。

すると、尾形さんは「俺は絶対電話しますもん『今日パパ頑張ってくるから、もし何かあったら保険金も入るからしっかり楽しく生きろ』と、『悩まずに楽しく生きろ。自分の人生1回切りなんだから』って言って。で、俺は飛び出しますけどね。それは絶対してますね。ちょっとでも危ないやつは」と危険な仕事の前にしている事を明かしました。

今回の放送について、ネット上では「やっぱり尾形さんいいね 危険な仕事の前に家族に電話するとか、すごく家族思いで素敵だなぁ。水ダウの落とし穴の回を見てから好感度爆上がりで、時間が経った今もすごく好印象」「危険な仕事に行く前は家族に『何かあったら保険金が入るから』と伝えてから出発する尾形さん」「尾形さんが一番キツかった仕事水曜日のダウンタウンの落とし穴企画」などのコメントが上がっています。

危険な仕事の前に「何かあったら保険金も入るからしっかり楽しく生きろと」と家族に伝えている尾形さん。家族のために体を張る姿に、好印象を抱いた人は多かったようです。

【番組情報】
ボクらの時代
https://tver.jp/episodes/epbl2m78h9

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.