反町隆史、『相棒』卒業後も水谷豊と「最近も行ってきましたけど」

投稿日:2022/07/16 15:20 更新日:

7月15日放送の「A-Studio+」(TBS系)では、反町隆史さんがゲストとして登場。反町さんはドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の撮影で嫌だった事を明かし、話題を集めました。

反町隆史

(画像:時事通信フォト)

■反町「相棒」の撮影で嫌だった事を明かす

反町さんは、2015年10月スタートの「相棒 season14」以来7年間に亘って、水谷豊さん演じる杉下右京の4代目相棒・冠城亘を演じてきました。

「相棒」について、反町さんは「僕、ずっと7年間刑事やってたんでね…。あと何か変な緊張があって、もう最後の方は慣れたんですけど、最初の方はやっぱ水谷さんが結構、説明台詞をバーッて言うじゃないですか、ガーッて。大体、『相棒』っていうのは、大体長回しのワンカットが多いんですよね」と、話を切り出します。

続けて、「自分のところが何か、最後の方の2行とか、長くなって最後の2行とか。これがもう最初の方は、ものすごい嫌でしたね。(噛んだら)もう1回やり直しですからね」とコメント。

MCのKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔さんが、「何となく空気的に、あれだけ先輩長く喋って2行なのに、『噛んだんですか』ってなりますよね」と話すと、反町さんは「そう!」と相槌を打ちました。

■反町、『相棒』卒業後も水谷と「最近も行ってきましたけど」

また、笑福亭鶴瓶さんが「今でもあれでしょ? ニンジンジュースをちょいちょい差し入れしてはる」と、反町さんは「差し入れしますし」と返答。

反町さんは、自分で作ったニンジンジュースを差し入れしているとのこと。

さらに、「あとゴルフも行くし、一緒にゴルフ、この間も…最近も行ってきましたけど、ゴルフ一緒にやったりとか」と、「相棒」卒業後もプライベートでの水谷さんとの交流が続いてる事を明かしました。

■反町、水谷と同じ悩みを抱えていた

40代になって「相棒」に出演するようなった反町さんですが、「僕、30代の時あんま記憶ないんですよね」と、30代の頃は役者としての葛藤を抱えていた事を明かします。

反町さんがその事について相談すると、水谷さんは「いや、ソリ(反町さん)あれだよ。俺も30代の時、同じ気持ちだよ。いいんだよ、それで」と、アドバイスを送ってくれたとのこと。

また反町さんは、水谷さんと反町さんが座る用の2つ並んだ椅子を撮影の合間に撮ったそう。

そんな思い出の写真を行きつけのジムに飾っている事を明かしました。

今回の放送にはネット上で、「水谷豊さんとプライベートでもゴルフに行くとか、ゴルフ場で右京さんと冠城亘に遭遇したらテンションあがるな」「水谷さんに出逢えた事も良かったのね」「冠城くんすごくよかったから、相棒に反町隆史キャスティングしてくれた人に大感謝です!!」などのコメントが上がっています。

反町さんが「相棒」卒業後も水谷さんと交流があるのが素敵ですね。

また、反町さんの悩みについて相談すると、水谷さんが「俺も30代の時同じ気持ちだよ。いいんだよそれで」と助言していたというエピソードも印象的でしたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.