鈴木福、芦田愛菜の活躍に明かした心境!「勝手に僕が感じてる」

投稿日:2022/07/03 9:28 更新日:

毎週土曜日放送のバラエティ番組「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」(テレビ朝日系)。7月2日は『祝!新成人2時間SP』と題した企画で俳優の鈴木福さんが登場。ドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ系)で双子役を演じ大人気子役となった二人が成人して初めて共演するということで注目が集まりました。

芦田愛菜

(画像:時事通信フォト)

■芦田愛菜&鈴木福、久々の共演に緊張

6月で18歳の誕生日を迎えた、芦田さんと福くん。民法改正により、成年年齢が18歳になったことによって、二人は晴れて成人の一員となりました。

今回の番組共演は半年ぶりということもあり、少し緊張気味の二人。スタジオで顔を合わせても「よろしくお願いいたします」と、どこか他人行儀な空気感が漂っていました。

この様子を影で見ていたサンドウィッチマンの二人は「いやいや、どうぞどうぞ」「話、尽きないでしょ」と、わざと芦田さんと福くんだけの時間を設けて二人を茶化しにかかります。

そこで福くんが「最近どうですか?」と芦田さんに話を振ると、芦田さんは「最近どうですか!?最近どうですか…えー…」と、突然話を振られたことに驚き、必死に話題を探してあたふた。

ギクシャク感が抜けない二人を見かねた富澤たけしさんが、ついに「ダメだ!行こう!」と伊達みきおさんを誘い、やっとスタジオに入って笑いを誘っていました。

■鈴木福、照れ隠しでサンド伊達を凝視!?「全部俺に言ってるし」

同じスタジオでの収録は実に4年ぶりだという芦田さんと福くん。これを聞いた伊達さんは「4年ぶりでしょ!?色々あるじゃん。4年分の話もさ」と積もる話がたくさんあるのではないかと言及します。

しかし「いやでも(芦田さんを)テレビで見てるんで…」と、煮え切らない様子の福くん。

そんな福くんに伊達さんは「いや、硬いし。全部俺に言ってるし」と、芦田さんの方を見ないことにもツッコミを入れ、福くんも思わず照れ笑いをします。

芦田さんも、「確かに目が合わなかった」と、照れた様子で答えていました。

ネットでは「成人になった福くんと愛菜ちゃんが一緒に出ててなんか胸熱!素敵な大人になったなぁ」「微笑ましくてニヤニヤしてしまう」「愛菜ちゃんと福くんが一緒に仕事してるの観れるだけで神回やな」と、芦田さんと福くんの久しぶりの共演に、視聴者も歓喜の声をあげていました。

■芦田愛菜、サンドウィッチマンへの感謝の言葉に思わず「最終回みたい!」

番組内では、芦田さんと福くんが子役として芸能界デビューしたときの秘蔵映像も放送されました。

声変わり前の福くんの映像が流れると、芦田さんは「『そうそう!私が知ってる福くんの声こっち!』って思いました」と、昔を懐かしみます。

さらに、中学3年生の芦田さんが初めてこの番組のMCを務めた時の映像も。

これを見た伊達さんは「こんなこと3年越しに聞くのもアレなんですけど」と改まりつつ「『博士ちゃん』っていう番組をやります、と。で、『3人MCです』と。どう思いました?」と、番組がスタートした当初の気持ちをストレートに尋ねると、芦田さんは「いやでも、本当に純粋に嬉しかったですし、すごく安心できるなと思いました。テレビを見ていて、サンドさんたちのそのすごいあったかい人柄が、やっぱいつも滲み出てるし、私もいつも感じてるんですけど」と、サンドウィッチマンの二人に感謝の気持ちを述べました。

その真剣な眼差しが番組の最後を匂わせるようで「なんかすごい最終回みたい!」と、自分でツッコミを入れます。

■鈴木福、芦田愛菜の活躍に明かした心境!「勝手に僕が感じてる」

一方、芦田さんの子役時代からのVTRを見ていた福くんは「自分も自分なりに頑張ってきた中で、やっぱ愛菜ちゃんもすごい頑張ってるのをテレビで見れるっていうのは、僕にとってもすごく、なんだろ…刺激になるし」と、芦田さんの活躍が自分を鼓舞してくれているのだと語ります。

さらに「なんか…こういうのなんていうんでしょうね。戦友じゃないですけど」と、芦田さんを同じ舞台で戦う"戦友"と表現する福くん。

続けて「勝手に僕が感じてる部分もある」と補足した福くんですが、すかさず伊達さんが「それは多分お互いに思ってると思うよ、実は。それは」と言及すると、芦田さんも「うん!」と大きく頷いていました。

ネットでは「福くんも愛菜ちゃんの活動を見ていると嫉妬することもあるんやろなぁ。戦友とは良い返し!」「芦田愛菜ちゃんも鈴木福くんも賢くて謙虚だし、サンドウィッチマンは、絶対に誰も傷つけない安心した笑いを提供してくれるし博士ちゃん大好き!」と、視聴者からさまざまな声が上がっていました。

子役時代から活躍している二人が新成人を迎えたことは、視聴者にとってもとても嬉しい出来事だったようですね。

人生の節目を迎えた二人の初共演はぎこちなかったようですが、そんな微笑ましい姿も視聴者の心に温かく残ったのではないでしょうか。

(文:椎七みつばち/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.