『THE MATCH 2022』観戦したGLAY・TERU、試合終了後は徒歩で帰っていた!「結局、神保町の方まで歩いて…」

投稿日:2022/06/30 14:29 更新日:

GLAY・TERUさんがパーソナリティをつとめる毎週水曜日23時から放送のラジオ番組『TERU ME NIGHT GLAY』(bayfm)。6月29日の放送では、「THE MATCH 2022」を観戦したTERUさんが、思わぬところで苦労したことを明かす場面がありました。

TERU

(画像:AFP=時事)

■「THE MATCH 2022」を観戦したTERU「めちゃくちゃ感動した」

番組では、先日東京ドームで行われた格闘技イベント「THE MATCH 2022」の那須川天心さんと武尊さんの"世紀の一戦"の話題に。

元々格闘技が好きで、これを会場で観たというTERUさんは、会場の熱気から「身体中が熱を吸収する」ような感覚を覚えたそうで、「めちゃくちゃ感動しました」と振り返ります。

また、この試合をきっかけに「将来、天心くんや武尊くんみたいなスポーツ選手になりたいなぁっていう夢が繋がっていけばいいなぁ」「感動とかが小さい子たちに何か影響を与えているのかなぁ」などと感慨に耽ったことを明かしました。

■『THE MATCH 2022』観戦したTERU、試合終了後は徒歩で帰っていた!「結局、神保町の方まで歩いて…」

そんな熱い想いを抱いたTERUさんですが、「終わった後、凄いんだね! ちょっとビックリした!」と、イベント終了後の混雑具合に驚いたことも振り返ります。

東京ドームといえば、収容人数が5万5千人。

イベント終了後は会場から出るのも一苦労するものですが、どうやら普段、音楽イベントでは関係者入口から出入りしているTERUさんも、今回は正面入り口からの出入りだったそうで、この混雑を初体験した様子。

TERUさんは、「タクシーが全然捕まらないし…結局、神保町の方まで歩いて。その先かな? もっと先まで歩いて、結局50分くらい歩いちゃって…」と、会場を出てからもタクシーを拾えずに苦労したことを明かします。

また「みんな同じ行動をとるわけですよ」「タクシーが来ると先に取られちゃうのよ」と、タクシーの取り合いが行われていたことを回顧。

これにはスタッフも、「違うゴングの鐘が鳴っていたんですね、そこでは」と笑いました。

■TERU「会場が広くなれば広くなるほど…」自身が苦労したことでファンに思いを馳せる

その後、TERUさんは「会場が広くなれば広くなるほど、ファンの子たちが大変な思いをして来てくれてるんだなぁと改めて実感した」と、自身の今回の体験から、ライブのために会場まで足を運ぶファンを慮って、この話を締めました。

ネット上では、「TERUさんでもタクシーに乗れない」「てるちゃん、東京ドームから神保町歩いてたのっ!?」「水道橋→神保町を歩くTERUさん想像できないw」と、スターであるTERUさんがタクシーに乗れず歩いていたことに驚く声が。

また、「何かを観覧した後、ファン目線で色々と考えてGLAYのライブに活かそうとするそんなところが好きですよ」「ドームを出る大変さを味わって、ライブに来たファンを想像してくれるところが素敵です」と、自身の体験からファンに思いを馳せるTERUさんの優しさに、感動した方もいたようでした。

【番組情報】
TERU ME NIGHT GLAY
https://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20220629230000

(文:ジョブリナ/おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.