「あ、いま噛んだ!」を面白くした発明者、やはり"あの芸人"だった

投稿日:2022/06/24 14:50 更新日:

6月23日、お笑いコンビ・見取り図のYouTubeチャンネル「見取り図ディスカバリーチャンネル」では、盛山晋太郎さんとリリーさんが"芸人用語"について解説する動画を公開。分かるようで分からない芸人用語を詳しく解説し、注目を集めています。

マイク02

■見取り図が芸人ならではの専門用語を解説

芸人たちがよく使う専門用語について、視聴者にも分かりやすいように見取り図の2人が解説していきます。

芸人用語の3つ目として出てきたのは「平場(ひらば)」。これは「ネタ以外の部分」のことで、トーク番組やお笑いライブのコーナーのことを言います。

盛山さんによると「ネタ強いのに平場弱いなー」といった使い方をするそう。

また、盛山さんは「なんか昔コンパかなんかで皆でボケてたら(相手の女の子に)『ちょ、平場弱いねんから』とか言われて」と、コンパで素人に「平場」いじりをされてしまったことを告白。

それを聞いたリリーさんは「腹立つなぁ」と笑います。盛山さんは「平場って言葉(素人が)当たり前みたいに使うなよ!」とカメラに向かってツッコミを入れるのでした。

■「あ、いま噛んだ!」を面白くした発明者、やはり"あの芸人"だった

また、リリーさんは「『噛んだ、噛んだ』とか」と、芸人ならではの"噛んだイジリ"を紹介。盛山さんは「人が噛んだのを『あ、今噛んだ!』って面白がるのって、松本(人志)さんからなの。あれも、ダウンタウンさんから」と、噛んだイジリがダウンタウン由来であることを明かします。

「それまで、噛んでも別にそういう間違いってだけで進んでたけど、噛むことを面白いとしたのはダウンタウンさん」と、芸人用語の豆知識を披露しました。

■見取り図・盛山、あの業界用語に「メジャーになってるのがホント嫌」

芸人用語の8つ目として出てきたのは「裏回し」。これは「MC以外の人で、その場の進行がスムーズになるように色々補佐したり面白くなるように他の演者にパスを出したりする役割の人」を言います。

すると「これがメジャーになってるのがホント嫌」と言う盛山さん。盛山さんは「今じゃもう皆言うやん」「裏回しって水面下というか、人知れずそういう活躍してる、そういう風に場を盛り上げてくれてるから、こっち(芸人)の世界では評価されてたことやん」と、「裏回し」の本来の扱いを語ります。

ところが「それが今メジャーになって」いると言う盛山さん。「『裏回しすごい』とか見てる人が言うのは俺、ちゃうと思うねん」と、視聴者側が当たり前のように「裏回し」という言葉を使うことに疑問を呈しました。

また「ずっと昔から裏回しって使ってたけど、今じゃもう"表"になってるからね」と冗談も。リリーさんは「明らかに裏回しをしたがってる人も嫌やわ」と笑います。すると、盛山さんも「分かる。小寒く見えるやつやろ」と同調していました。

■見取り図の分かりやすい用語解説に視聴者「こういう企画嬉しい」

他にも「色もん」「やってんなぁ」「こすり倒す」など、全部で24個の芸人用語を解説した見取り図の2人。

今回の動画に対し、ネット上では「芸人用語の詳細まで分かりやすく教えてくれるの助かります!」「聞いたことある言葉や聞いたことない言葉と改めて知ることが出来て面白かったです!」「お笑い見てるとたまに分からない言葉が出てくるから、こういう企画嬉しい」との声が上がっています。

見取り図の解説がとても分かりやすかったですね。この動画を観ればお笑い番組や舞台がより楽しめるのではないでしょうか。

【番組情報】
見取り図ディスカバリーチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=NCpBS6ofYo0
(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.