「俺は小4の時から人の心失ってんのよ」ウエンツ瑛士、子役時代の"悲しい物語"

投稿日:2022/06/13 17:26 更新日:

6月13日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)では、生田斗真さんとウエンツ瑛士さんがVTRで出演。生田さんが子役時代のウエンツさんの印象を明かし話題を集めました。

マイク

■生田斗真、ウエンツ瑛士のアレを盗み食い?

舞台「てなもんや三文オペラ」では、主人公で盗賊団のボス、マック・ザ・ナイフ役を生田斗真さんが、マックの恋人・ポール役をウエンツ瑛士さんが演じます。

今回の番組では、稽古中の裏話について、生田さんは「瑛士がいつも良さげなのど飴をいつも舐めてるんですよ。それこっそり盗んで食べました」とコメント。

一方で、ウエンツさんは「それをね、稽古の後半の方で『実は…こっそり食べてました』って言われたんですけど、ごっそりなくってるんです。飴が…。それはこっそり食べてないんです。もうないんだもん、全然」と生田さんにツッコミを入れます。

すると、生田さんは「美味しくて本当に『瑛士が持ってるのど飴が美味いな、これ』ってボリボリ食べちゃって」とのど飴を大量に食べた理由を明かすと、ウエンツさんは冷静に「のど飴ってボリボリいくやつじゃない」と指摘。

また、生田さんが「でも何も言わないです。怒らないです。『食べただろ』とか何も言わない、『減ってる』とか何も言わない」と伝えると、ウエンツさんは「『減ってる〜!』のレベルじゃなく減ってるから『ない〜!』の方だからむしろ」と明かしました。

■「俺は小4の時から人の心失ってんのよ」ウエンツ瑛士、子役時代の"悲しい物語"

生田さんはジャニーズJr.時代、ウエンツさんは子役時代に「天才てれびくん」(NHK教育テレ:現在はNHK Eテレ)にてれび戦士として出演していました。

当時の思い出について、生田さんは「瑛士とかはその頃から活躍してる子役だったから1人何かね、すごいプロなの…。ディレクターさんとかもやっぱり瑛士をすごい頼って『瑛士ここちょっとこういう感じの事言ってくれる?』みたいな『分かりました!』ってちゃんと出来るんです」とウエンツさんは子役時代からプロ意識が高かった事を明かします。

一方で、ウエンツさんは「俺は小4の時から人の心失ってんのよ」と話すと、思わず大笑いする生田さん。

さらに、ウエンツさんは「カンペを見て『わかりました!』っていう悲しい物語ですわ」と子役時代の記憶を回顧します。

この話を聞いた"天の声"こと南海キャンディーズ・山里亮太さんは「明日はね、是非ね、人間として楽しめるような『スッキリ』にウエンツなったらいいなと思ってますよ」と毎週火曜日にレギュラー出演しているウエンツさんに優しい言葉をかけるのでした。

■ファンから「たまらないインタビュー」の声

今回の放送について、ネット上では「生田斗真くんがボリボリいけるのど飴が気になるー、天てれ戦士時代から人の心を失ったウエンツくんに天の声さん明日に含みを持たせたなぁ」「ウエンツののど飴斗真くんがこっそり食べてた話、対談で打ち明けてたやつ」「天てれで2人を知った身としてはたまらないインタビューでした。ウエンツののど飴勝手にもらってガリガリ食べる斗真さん『減ってる!』じゃなくて『無い!』のレベルで食べてた斗真さん。コラコラ」などのコメントが上がっています。

ウエンツさんは子役時代からプロ意識が高かったというのはさすがでしたね。

また、生田さんがウエンツさんの飴を盗み食いしていたエピソードには思わず笑ってしまった人も多かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.