紫吹淳、坂本昌行にパンチしてしまい『何?』『いや普通…普通違うでしょ』

投稿日:2022/06/13 16:24 更新日:

6月13日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)では、元宝塚歌劇団トップスターの鳳蘭さんと紫吹淳さんがゲストとして登場。紫吹さんが宝塚退団後の苦労を明かし話題を集めました。

紫吹淳

(画像:時事)

■鳳蘭、市村正親に怒られた理由とは?

今回のゲストの鳳さんと紫吹さんは、宝塚時代は男役として活躍。宝塚退団後、2人には共通の悩みが。それは、今でも男役の癖が出るということ。

その事を踏まえて司会の黒柳徹子さんが「でも鳳さんは初めの頃相手役に叱られたんですって?」と尋ねると、鳳さんは「市村正親さん、いっちゃん(=市村さん)の時にね、踊る…ダンスの時で私がバッてやったら、いっちゃんも思わずバッてきたんですよ」とコメント。

続けて、鳳さんは「だから完全にこっちが女でこっちが男なのね。いっちゃんもこう出してから『違うだろ!俺がこうでお前はこうだろ!』とか言って、なんかもうこんがらがっちゃったぐらいもう私がリードしちゃったんです。で、怒られました。いっちゃんに」と男役の癖が抜けず、市村さんに怒られた事を明かします。

また、鳳さんが「そういう一番体に身に付く年代が宝塚にいて男をやってたから…。 私の憧れは太地喜和子さんのように着物のここからこうやって色気がブワーッって出るそういう女優が割と憧れてたんですけど絶対無理、私たちは無理」と話すと、紫吹さんは「いや素敵ですよ。ママ出てますよ」と鳳さんをフォローするのでした。

■紫吹淳、坂本昌行にパンチしてしまい『何?』『いや普通…普通違うでしょ』

ここで、徹子さんが「何か紫吹さんは相手役を困らせた事ってあります?」と話を振ると、紫吹さんは「私宝塚やめて 初めての作品だったんですね、ミュージカル…。その主演がV6の坂本昌行くんなんですよ」とコメント。

続けて、紫吹さんは「台本に『彼の胸を殴る』って書いてあって、殴る?と思ってわからなくて彼をパンチしちゃったんですよ。そしたら彼もビックリしてて『何?』って。『殴るって書いてあるから』って。『いや普通…普通違うでしょ』って言われて」と坂本さんに注意された事を明かします。

その時、紫吹さんが「どうやるの?」と尋ねたところ、坂本さんは「女の殴り方はこうでしょ?」と、優しくレクチャーしてくれたとのこと。

また、徹子さんが「今はもう大丈夫?」と聞くと、紫吹さんは「そうですね。ちょっとずつ女が出来上がっているっていう感じですかね」と語りました。

■鳳蘭、坂本昌行の歌唱力を絶賛

鳳さんと紫吹さんは坂本さんが主演を務めるミュージカル「THE BOY FROM OZ supported by JACCS」に出演します。

徹子さんが「ジャニーズの中でも歌と踊りがすごく…」と話すと、鳳さんは「素晴らしい歌すごいです。もう本当に上手いです」と坂本さんの歌唱力を絶賛しました。

今回の放送について、ネット上では「紫吹さん退団後の初舞台のお相手だった坂本くんに向かってグーパンチのエピソード坂本くん見てるかな?」「やっぱり坂本くんの話出てきた!坂本くんのこと、鳳蘭さんと紫吹さんが『歌が上手い!』って感心するように言ってくださっててファンである私まで本当に嬉しかった…」「男役ポーズの鳳蘭さんカッコ良すぎ、紫吹さんの昌さんエピも鳳蘭さんが昌さんの歌を力込めて上手いと言って頂けた事も嬉しかった」などのコメントが上がっています。

男役出身という事で女性の役を演じる時に苦労したという鳳さんと紫吹さん。それぞれのエピソードを興味津々になって聴いていた人が多かったようです。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.