“闇深い”と言われ続ける香取慎吾、三谷幸喜にひっそりと明かした「いつまで風船を持てるだろうか」の言葉の意味が深い

投稿日:2022/06/10 10:13 更新日:

6月9日放送の「SONGS」(NHK総合)では、香取慎吾さんがゲストとして登場。友人代表としてVTRで出演した三谷幸喜さんが香取さんの忘れられない言葉を明かしました。

香取慎吾

(画像:時事)

■"闇深い"と言われ続ける香取慎吾、三谷幸喜にひっそりと明かした「いつまで風船を持てるだろうか」の言葉の意味が深い

VTRで登場したのは香取慎吾さんが主演を務めたNHK大河ドラマ「新選組!」で脚本を務めるなど親交のある三谷幸喜さん。

三谷さんは「彼がご自分でおっしゃってたんですけど『自分はいつまで風船を持てるだろうか?』」という言葉が印象的だったと言います。

続けて、三谷さんは「雑誌の表紙の撮影する時に小道具として風船があって風船を持たされる事が多いんですって『40過ぎて風船持つのってどうだろう?』ってご本人も多分思ってらっしゃると思うんだけど、逆にこれはいつまでも風船を持っていたいと」とコメント。

当時香取さんは「いつまで持ち続けられるかに挑戦したい」と言っていたとのこと。

三谷さんは「それが何か面白いなっていうふうに感じましたね。誰もやった事のない挑戦だと思うし、彼は果敢にそれに挑んでる気がしますね」と挑戦し続ける香取さんにエールを送ります。

■香取慎吾がファンへの思いを明かす

VTR終了後、番組責任者の大泉洋さんが「風船をいつまで持ってられるかっていうのはつまりその…アイドルとして撮影する時に何となく小道具で風船が出る事が多いんですね?」と尋ねると、香取さんは「持たされるんですよ、風船をこう…。慎吾ちゃんだからだと思うんです。こんな大きいクマとか45歳です」と明かします。

香取さんは「ちょっと何年か前に『もうちょっとそれは』って言おうかな?みたいなのちょっと(感情が)生まれた時に、こっちから断らないで、この人達いつまで持たせるの?」と違和感を抱いたものの、持たせようとしてくる人たちがいつまでそれを依頼してくるのか気になったとのこと。

一方で、大泉さんが「ふと気付くとあれ?そういえば最近あんま風船置かれなくなったなって時が来るのかなっていう」と話を振ると、香取さんは「ちょっと寂しいですね」と心境を告白します。

続けて、大泉さんが「だからあくまで自分からね、風船持ってこってわけじゃないけども、求められるんであればそこには応えていきたいなと」と問いかけると、香取さんは「そうですね」と返答。

さらに、大泉さんが「やっぱりあのそうなんだと思いますね。何か香取さんのエンターテイナーであるっていうのは、そこにやっぱりそのファンの皆さんの求めるものを提供していきたいっていう気持ちが強い方なのかなと」と香取さんに伝えます。

すると、香取さんは「強いですね。本当にファンの皆さんは大きい。応援してくれるアイドルが言いそうな言葉ですけど、ファンの皆さんがいてくれるから、皆さんがいるから僕…生きてるやってる色んな事を、色んな事やればやるほど楽しいんじゃないかなって見てくれる人が。あと、ビックリさせたい」とファンへの思いを明かしました。

■挑戦し続ける香取慎吾に「いつまでもスーパービジネスアイドル貫いて」

今回の放送について、ネット上では「『自分はいつまで風船を持てるだろうか?』ってすごいな、香取慎吾、すごいな混じり気なしだ」「自分はいつまで風船を持てるか問題wいつまでもち続けられるかに挑戦してる慎吾を面白いと三谷さん。風船大きなクマのぬいぐるみwith 慎吾今もあるもんねw最高齢記録伸ばしてこう」「アイドルだから、45歳になっても風船やクマのぬいぐるみ持たされたりするけど、あえていつまで風船持ち続けられるか、求められるのか挑戦したいんだって。いつまでもスーパービジネスアイドル貫いてほしい」などのコメントが上がっています。

いつまで風船を持ち続けられるのか挑戦したいという香取さん。そのエピソードを知り、ますます応援したくなった人が多かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.