ダウンタウン浜田雅功、"伝説の一日"の裏側を明かす!

投稿日:2022/06/09 11:03 更新日:

6月8日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)では、4月3日に開催された吉本興業創業110周年特別公演「伝説の一日」で、31年ぶりに漫才を披露したダウンタウン・松本人志さんと浜田雅功さんがその裏話を明かし、話題を集めました。

浜田雅功

(画像:時事)

■浜田、"伝説の一日"の裏側を明かす!

今回は「芸人コンビのネタ作ってない方、相方がどんなにつまんないネタ作ってきても文句言う権利ない説」と題した企画の検証を実施。

企画のプレゼンターを務めたマヂカルラブリー・野田クリスタルさんが、「松本さんはこの前、『伝説の一日』で漫才を…拝見させていただきましたけども、あれネタ終わり、何かネタに関しての感想は言い合ったりはするんですか?」と尋ねると、松本さんは「いやいやもう会話もしてないし…。別にそんなありがためられてもないし」とコメント。

続けて、村上さんが「でも浜田さんは思ってますよね、『ありがとうな、松本』と思ってますよねそこは?」と質問すると、浜田さんは「いや、ネタをちゃんとこう、しっかりやってる頃は当然ありましたけど…。この間の事に関して言えば、そりゃもう適当にしゃべってますから」と、「伝説の一日」の裏話を暴露。

この話を聞いた松本さんは、「もう終わったら何か何の言葉もなく出ていかれた。すぐ帰って、ピロートークもなしで」と浜田さんがすぐに帰った事を嘆きました。

■松本は口頭で浜田にネタを伝えていた

さらに、野田さんが「元々この漫才をちゃんとまあやってた…舞台でやってた頃は、松本さんがネタ持ってきてそれに対して 浜田さんはどうでしたか? 言われるがままだったのか」と尋ねると、ダウンタウンのネタ作り担当の松本さんは、「うちら割と口伝えでやってたから」と当時の記憶を回顧。

話を聞いた野田さんが「これちゃうな~みたいのは」と尋ねると、浜田さんは「いや、ないないないない」とネタで揉める事はなかった事を明かしました。

一方で、松本さんは「でもちょっと『うん?』っていうのはあったと思うで」と指摘すると、浜田さんは「『うん?』って言うたかな」と首を傾げます。

また、野田さんは「でもこれネタ作る方わかるんですよ。何か言いたそうだなっていうのが」と、相方の不満は声に出さなくても表情で伝わってくると持論を展開。

ここで、村上さんが「優しく伝えてるんですよね『ちょっと伝わらないかもよ』って」と話すと、松本さんは「それある。『う~ん、俺はわかるけど、ちょっと客にはわかりにくいんちゃうかな』みたいな事言われたことある」と、浜田さんにダメ出しを食らった事を明かします。

それでも、村上さんが「リスペクトですから」とフォローすると、浜田さんは「そういう事、そういう事」と相槌を打ちました。

今回の放送にはネット上で、「『適当にしゃべってますから』それが伝説たる所以でもある(笑)」「浜田『(伝説の一日は)適当にしゃべってますから』カッコよすぎだろ」「浜田さん『適当にしゃべってますから』、松本さん『(相方は)ピロートークもなし』、適当であのクオリティはさすが伝説の漫才師ですね」などのコメントが上がっています。

「適当にしゃべってますから」と言いつつも、「伝説の一日」であのクオリティーの漫才を披露するダウンタウンはすごいですね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.