「読んで字のごとく、股の使用をしているかどうか」福山雅治、二股めぐり名言飛び出す!

投稿日:2022/06/06 10:30 更新日:

毎週土曜日の夜に放送されているラジオ番組「地底人ラジオ」(interfmほか)。6月4日の放送では、福山雅治さんが恋愛と結婚に関する考え方を赤裸々に話し、注目を集めています。

福山雅治

(画像:時事)

■福山雅治の名言が炸裂!二股の定義は言葉の通り?「読んで字のごとく…」

番組では結婚を考えているリスナーから、付き合う前に2人の異性と良い関係を構築していることに罪悪感を覚えているというメッセージが届きます。

福山さんは「これは僕の言い方が悪かったり、僕の考え方が現代的にはちょっと問題ですよっていう風に思われた方にはお叱りいただいてもいいんですけど」と前置きしつつ「二股っていうのはですね、読んで字のごとく、股の使用をしているかどうかですよ」と、独自の見解を明かしました。

「ノー股ですから、だからそこを気に病む必要はなんじゃいかなーと僕は(思います)。だから別に今はいいんじゃない」と続け「志望している会社を2つ選んでるって状態」と表現。「大事なことだから、内定貰う前に決める必要ないのよ」と、就職活動を用いてアドバイスを送ります。

そして、恋愛については「恋愛っていうのはね、誠実でいなければいけない。打算的すぎてはこれ恋愛とは言えなんじゃないか、失礼なんじゃないかって思いがちだけど。ある種、入試や入社や就職やっていうのと同じように考えた方が、最終的にお互いにとって上手くいくんじゃないかなと、歳取った僕は思いますけどね」と話しました。

ネット上では「二股かどうかは股の使用をしているかどうか、名言が過ぎる」「ましゃの二股の解釈はそーなのね」といった福山さんの名言に反応する声が多数見られました。

■福山雅治が考える、結婚する男性の理想像とは!?「優しくて親切で、嘘が苦手なというかさ…」

また、結婚する男性の理想像について「僕が思うにね、まずもって、優しくて親切で、嘘が苦手なというかさ、そういう誠実な方がいいわけですよ。で、あんまり感情的に浮き沈みのない人の方がいいわけですよ。で、生活力があった方がいい。後、安定した収入がある方が絶対にいい。さらに言うと、ご実家が裕福な方がいいかな」と、次々と条件を並べていきます。

さらに「あと健康でイケメンで。イケメンじゃなくてもいいかな。健康で」と続け、生涯を共にするパートナーに求めたい条件を明かしました。

■恋愛と結婚は別?福山雅治が断言「恋愛ドラマを楽しむということであれば、楽しい方を選べばいい」

話は発展し、恋愛と結婚の違いについての話題へ。

福山さんは「恋愛というものを恋愛ドラマとして現実のものじゃないものとして、お楽しみになられるっていう生き方や時間を過ごすのは、いいんですよ全然」と話しつつ「いざ生活ってなった時のことを僕は話してるんですよ」と、これまでの話は「結婚を前提として恋愛をする場合」であることを明かします。

「恋愛ドラマを楽しむということであれば、楽しい方を選べばいいし。僕が最初に言ってたのは、どっちかと言うと、共に生きていくパートナーとして考えた時には、そういう人がいいんじゃないかなと、色々条件を挙げさせていただきましたけど」と締めくくりました。

ネット上では「結婚と恋愛は分けて考えた方が良いかと思います」と福山さんの意見に賛同するコメントだけでなく「福山結婚相談所コーナーができそう!」といったファンの声でも溢れていました。

福山さんの深い意見に、思わず耳を傾けて聴き込んでしまった人が多かったようですね。

【番組情報】
地底人ラジオ
https://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20220605000000

(文:横浜あゆむ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.