『人と違うっていうのは自慢なんだよ』大竹しのぶの長男・二千翔のエピソードに岩崎宏美も「結婚したい」と感動!

投稿日:2022/05/29 10:59 更新日:

5月29日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)では、野口五郎さん、岩崎宏美さん、大竹しのぶさんが出演。大竹さんが長男・二千翔(にちか)さんについて語り話題を集めました。

大竹しのぶ

(画像:時事通信フォト)

■IMALUが号泣した理由とは?

大竹しのぶさんは1982年に元TBSディレクターの服部晴治さんと結婚し、85年には長男の二千翔さんが生まれるも、87年に服部さんは癌のため急逝しました。

翌88年に、大竹さんは明石家さんまさんと再婚。89年に長女IMALUさんが生まれるも、大竹さんとさんまさんは92年に大竹さんが親権を持つ形で離婚。

子どもたちとの関係について野口五郎さんが「これだけずっと仕事をやってて、オーバーワークかなとかそんなこと感じることない?」と尋ねると、大竹さんは「子どもが小さい時はやっぱり夏休みとか、お正月とかっていうのは絶対に休み取ったりとかしてて。でもある時、夜遅く舞台終わって帰ってきたら、娘がわんわん泣いてて」と振り返ります。

IMALUさんはこの時「夜お母さんいないのつまんない。お兄ちゃんはゲームばっかりやってるし、おばあちゃんは耳が遠いしもうやだ。夜はやだ。ご飯食べてお風呂入って寝るだけなんて」と怒りをぶつけてきたそうで、大竹さんも切ない気持ちになったとのこと。

■『人と違うっていうのは自慢なんだよ』大竹しのぶの長男・二千翔のエピソードに岩崎宏美も「結婚したい」と感動!

そんな時、IMALUさんに声をかけたのは長男・二千翔さんだったそう。大竹さんは「そしたら息子が『IMALUちゃん、夜はそういうものでしょ』って言ってくれて。そしたら娘が『お兄ちゃんはこの家に生まれて嫌って思ったことないの?』って言ったら『全然ないさ』って言って」と二千翔さんがIMALUさんを諭してくれた事を明かします。

続けて、大竹さんが「そしたら今度娘が『お兄ちゃん偉い』って泣いちゃって。『お兄ちゃんお父さん死んじゃっていないんだよ。名字も何回も変わってるし』って」と話すと、岩崎さんは思わず「可哀想…」とコメント。

さらに、大竹さんは「『それでも嫌って思わないの?』って言ったらまたお兄ちゃんが…『IMALUちゃん人と違うっていうのは自慢なんだよ』って」と当時、二千翔さんが言ってくれたことを告白します。

この話に、野口五郎さんは「ちょっと待って…俺感動しちゃうんだけど、ちょっとヤバいよ」とグッときたようで、岩崎さんも「二千翔君と結婚したい」と二千翔君さんを絶賛しました。

■視聴者からは「二千翔クン、マジで人生何周目?」の声

今回の放送にはネット上で「小さい頃の二千翔クン、マジで人生何周目?てくらい悟りきってるスゲェ」「二千翔さん、子どもの頃から大人〜」「二千翔くん凄いな…耐えてる事も多くて堪えたから言葉に出来るのかな」などのコメントが上がっています。

子どもながらに達観した価値観を持っていた二千翔さん。泣きじゃくるIMALUさんに「IMALUちゃん夜はそういうものでしょ」と伝える二千翔さんの姿を想像し、感動した人が多かったようです。

【番組情報】
ボクらの時代
https://tver.jp/episodes/epokhvmdis

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.