ネットで賛否!?「占い師はインチキ」「人騙して金儲けている」ひろゆき、言い放つも東大卒占い師は…

投稿日:2022/05/27 14:28 更新日:

毎週木曜日の深夜に放送されているテレビ番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)。5月26日の放送では、論破王として知られる"ひろゆき"こと西村博之さんが占い師をインチキだと思う理由について明かし、話題となっています。

ひろゆき

(画像:時事通信フォト)

■「占い師はインチキ」ひろゆき、東大卒の占い師を論破できる?

ひろゆきさんは以前、自身のYouTubeチャンネルで「占い師はインチキ」といった内容の発言をしており、そのことに反論をしたい東大卒の占い師・ムンロ王子さんと討論をすることになりました。

開口一番、ひろゆきさんは「占いが当たるのであれば、そんな格好をしたり『ムンロ王子』とか名乗らなくてもいいじゃないですか。『当てますよ』て言って当てて、『すごい!』でお金貰えばいい。キャラクターを作る理由とかも含めてなんでなのかな?と」と、占い師に抱いている疑問をぶつけます。

ムンロ王子さんは「占いは非日常感」を味わうためのものであり「話をしやすい、壁を作らない」環境を作るためにキャラ設定を作っていると主張しました。

しかし、ひろゆきさんは「当たるかどうかが大事で、そのなんか、壁を作らないかどうかと話を聞くかどうかは別だと思うんですよね」と、納得していないようです。

「話を聞く場合って、例えば自分が曖昧なことを言って言いくるめる時は、そういう信頼感があった方がいいと思うんですよ。でも、正解をちゃんと言いますってのであれば、どんな格好をしてもいいわけじゃないですか?なので、言いくるめるために仲がいい方がいいよね、話しかける方がいいよねっていうポジションを取ってらっしゃる気がする」と、当たる占い師である場合、設定などは関係ないとの持論を展開しました。

■東大卒占い師の優しすぎる回答とは?

ひろゆきさんの主張は途切れず「当たらないことを話術で役に立っているように見せるためだったら、言っていることは正しいと思うんですよ」と話します。

「でもじゃあ、目の前の人に『こう考えてますよね?』とか『こういうもの持っていますよね?』とか、どんどん当ててったら『ああ、この人は結構当たるんだ。信用できるんだ』ってなるので、見た目がどうだから信用しないにならないじゃないですか?」と続け、事実を「当て」さえすれば見た目や設定は関係ないと考えているようです。

「なので、当たらないけど信用させたいっていうので、セッティングっていうところに頼っているんじゃないのかな?って思うんですけど」と、質問をします。

ムンロ王子さんは「『当てる』ということが目的じゃないんですよ」と衝撃の回答をすると「その人の心にどこまで寄り添えるかという部分」と続けて、占い師は「予知能力者ではない」と述べました。

■ネットで賛否!?「人騙して金儲けている」ひろゆき、言い放つも東大卒占い師は…

ムンロ王子さんの回答を受けて、ひろゆきさんは「その商売で儲けているから、否定するわけにはいかないというのはわかるんですよ、全然。人騙して金儲けているんだから」と笑いながら話します。

「『当たる、当たらない』ではなく『カウンセラーです。お金払っている人は喜んでいるんです』ならまだ納得できるんですけど」と続けると、ムンロ王子さんも「おっしゃる通り」と共感しつつ「私の占いはカウンセリングです」と宣言しました。

ネット上では「占い師は嘘つきだよな」といったひろゆきさんの意見に賛同する声だけでなく「アンガーマネジメント出来ているムンロの勝ち」といったコメントも。さらに「東大卒の占い師さん、素敵な人だったなぁ」といった、ムンロ王子さんの「悩みに寄り添う」姿勢を評価する声も上がっています。

ひろゆきさんの言っていることに共感しつつ、ムンロ王子さんの言葉に納得した人が多かったようですね。

【番組情報】
じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~
https://tver.jp/lp/episodes/epxdknj3ot?p=208

(文:横浜あゆむ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.