黒歴史?福山雅治の過去を知る人物が暴露「ものすごくカッコ悪かった」

投稿日:2022/05/27 13:45 更新日:

5月26日放送の「SONGS」(NHK総合)では、BEGINがゲストとして登場。BEGIN・比嘉栄昇さんが同期の福山雅治さんについて語り話題を集めました。

福山雅治

(画像:EPA=時事)

■大泉洋「北海道のSMAP」と誇張した結果…

メンバー全員が沖縄県石垣島出身のBEGINは1990年「恋しくて」でデビュー。そんなBEGINが注目を集めるきっかけになった番組が1989~1990年に放送されていた「三宅裕司のいかすバンド天国」(TBS系)でした。

「三宅裕司のいかすバンド天国」(以下:イカ天)に出演したきっかけについて、ボーカルの比嘉栄昇さんは「ちょうどライブハウスで3人で演奏するようになって…。MCで本当何を喋っていいのか真っ白になって、そうなったら沖縄の人と北海道の人はホラを吹くっていう」とコメント。

続けて、比嘉さんは「だから何かそこで『イカ天』に出るんだよねとかって。その時の噂が広まって今みたいに携帯とかないから止められなくて、それで嘘つくよりはじゃあ一応オーディションをテープを送って、それでダメだったようだったら話がうまくいくからという事で送ったんです。そしたら受かって」と「イカ天」に出演したきっかけを明かします。

一方で、大泉さんは「私も1回あれですもん北海道でTEAM NACSやってた時に初めて新聞の取材受けて『どんな5人組ですか?』って『まあそうですね、まあ言ってみたら"北海道のSMAP"みたいなものでしょう』とかって言って」と誇張してしまったと告白。

また、大泉さんは「それでメンバー中から俺叩かれて『いいかげんにしろ!ばかやろう』って。それ本当に新聞の見出しに載っちゃったものですから。あいつら本当に北海道の"北のSMAP"って呼ばれてるらしいってなってえらい恥かいた事ある」とほろ苦い思い出になった事を明かしました。

■比嘉栄昇、デビュー当時の福山雅治の印象を明かす

BEGINのメンバーと福山雅治さんは、年齢・所属事務所・デビュー年月日が一緒という間柄。

当時の福山さんはデビュー前に一緒に使っていたスタジオで猫の子供が生まれただけで「栄昇、猫生まれてるよ」と大喜びする普通の青年だったとのこと。

続けて、比嘉さんが「あの頃はGパンのTシャツで俺はイケてるぜみたいのがものすごくカッコ悪かった。何かこう…まだ似合ってなかった」と話すと、大笑いする大泉さん。

それでも、比嘉さんは「でもどんどん福山雅治になっていって…。もちろんあの時からイメージはあったんだと思う。自分の中でカッコ良かったからやっぱり」と次第に洗練され、スーパースターになっていった事を明かします。

さらに、比嘉さんは「たぶんどっかビビってたんじゃないかな。僕らもそうだし俺ら東京で大丈夫かなみたいな」と当時の福山さんの心境を想像しました。

今回の放送について、ネット上では「昔、北海道のSMAPってNACSいってたよね。覚えてるわ。洋ちゃんがSONGSでまたその話をしてたw」「SONGSでBEGINさんと洋ちゃんがましゃの話を!笑った」「BEGINさんがゲストのSONGS、ましゃネタで大笑いしてる洋ちゃん。『ネコが生まれたよ〜』って普通だっただんだん福山雅治になったらしい」などのコメントが上がっています。

比嘉さんの「沖縄の人と北海道の人はホラを吹く」という発言に思わず笑ってしまった人が多かったようです。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.