オードリー若林、アイドルが泣くことに悩んでいた?春日も「どうしていいかわからない」

投稿日:2022/05/16 15:27 更新日:

毎週日曜日の深夜に放送されているテレビ番組「日向坂で会いましょう」(テレビ東京系)。5月15日の放送では、番組のMCを務めるオードリーの2人とどきどきキャンプの佐藤満春さんが印象に残った番組の名シーンを語り合い、注目が集まっています。

若林正恭

(画像:時事)

■若林、メンバーからナメられるようになったきっかけを暴露?「オードリー好きな人?って聞いた時…」

長らく番組に携わってきた3人の話は弾み、前身番組の「ひらがな推し」時代の話題へ。当時は日向坂46ではなくけやき坂46として活動していました。

番組恒例のヒット祈願の話になると、佐藤さんは「バンジーは衝撃的だったかな」と発言。若林正恭さんも「そっからだもんね、ファンになったの」と指摘します。佐藤さんはほとんどのヒット祈願に同席し、メンバーが一丸となって挑戦する姿を見て涙することが多く、「号泣事件」としてイジられていました。

若林さんはヒット祈願の思い出について、女子校を訪問した企画を挙げます。「オードリー好きな人?って聞いた時、誰もいなかったんじゃなかったかな。1人いたか。あそこから急にメンバーがナメるようになった」と明かしました。

■春日、ひらがな推し時代の思い出は渡邉美穂との"因縁"

「ひらがな推し」時代の話は続き、春日俊彰さんは当時の印象的な出来事について「なんだろう、やっぱりミホワタナベ泣かしたみたいなやつ」と切り出します。

番組開始から間もない時期、メンバーの渡邉美穂さんが春日さんに特技のバスケットボールで対決を挑むも、対峙した春日さんに怖がって泣き出してしまったことがありました。

「怖いって言って泣かれたんだよね。芸人とアイドルの絡みの王道みたいなさ。懐かしい。昔よく見てたさ、アイドル番組で芸人と絡んでみたいな。あんなことが今の時代も起こるんだって」と当時の心境を告白しました。

■若林、アイドルが泣くことに悩んでいた?春日も「どうしていいかわからない」

春日さんは「ひらがな推しの時は、毎回収録で誰かしらが泣いてるみたいな」と続けると、若林さんも「あったあった」と同意。

佐藤さんから「そういう時はどうしてるの?」と尋ねられると、春日さんは「どうしていいかわからないから、見て見ぬフリだよね」と言って、周囲を笑わせます。

すかさず若林さんが「キャプテン(佐々木久美さん)とかが寄り添ってたりすんのよ。春日がそこにもし行くともっと泣いちゃうから」と補足しました。

若林さんもメンバーに泣かれてしまうことは悩みだったそうですが「(収録が)10回くらい過ぎたあたりで、別のグループの子に『すごい泣くんだけど?』って聞いたら『それあるあるです』って言われて。それから、『あるあるなんだ』って、あんまり気にしなくなった」と明かしました。

ネット上では「ミホワタナベ泣かし事件www」や「ビジネスライバルと始まりwww」といった春日さんと渡邉さんの初期エピソードに笑う声だけでなく「何回も見てるシーンばかりだけど、また見ても面白いってすごいな」というファンのコメントも見られました。

総集編のような進め方で、けやき坂46時代からのファンにとっては全体的に懐かしい内容だったのではないでしょうか。当時は泣いてばかりだったメンバーが今ではオードリーの2人と番組を盛り上げており、これからも番組が楽しみですね。

(文:横浜あゆむ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.