乃木坂46久保史緒里「気づいた瞬間、終わったなって」思わず大号泣した痛恨の失敗談を激白!

投稿日:2022/05/12 13:19 更新日:

乃木坂46・久保史緒里さんがパーソナリティを務める「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)。5月11日放送回では、久保さんがライブでやってしまった失敗談を明かし、話題となりました。

乃木坂46

■久保が自己分析、自身は「そつなくこなすタイプ」

番組内で度々、アイドル、モデルらしからぬダメエピソードを披露してきた結果、リスナーから"堕落の女神"と言う異名で呼ばれるようになってしまった久保さん。

今回は、「わたくし、久保史緒里はですね。今までいろいろとぐうたらしてる所ばっかり話してましたけど、ちゃんとしてる部分もありまして」と話を切り出し、「実は私、めちゃめちゃ記憶力がいい」のだと打ち明けます。

「台本を覚えるとか、短期的な記憶はすごい悪いんですけど、長期的な目で見た記憶がすごい良く」「人に怒られたって言う記憶だけがめちゃめちゃ残っている」として、一番古い記憶として残っているのが幼稚園の年少の頃に先生から怒られた記憶である事を明かします。

「怒られるのが怖いから、ライブの段取りとかもめっちゃ確認するし、自分で言うのも何なんですけど、ミスが少ないんですよ。なんてったって備えるから。ミスがないように。そつなくこなすタイプだと思っていまして、自分的に」と、自己を分析する久保さん。

日産スタジアムにおいて14日から2日間に亘って開催が予定されている「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」についても、「ハードルを上げる訳じゃないですけど、大きなミスなくやり切れるんじゃないかなと今のところ思っています」と、自信を垣間見せました。

■久保、ライブ中に起こった「どうしても忘れられない出来事」とは?

自他ともにミスが少ないと認める久保さんも、やはり人間。

「どうしても忘れられない出来事がございまして」と、失敗を犯してしまった事を告白します。

事が起こったのは、2019年2月に京セラドームで開催された「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」の2日目でした。

この時、久保さんは卒業した先輩メンバーの中元日芽香さんに代わってグループ内のユニット・サンクエトワールの一員を務め、「大人への近道」を披露しました。

この楽曲は他の曲と比較するとイントロが短く、さらに開始早々に久保さんが担当するソロパートがあるのが特徴です。

「偉大な先輩のパートを任せていただいた訳ですよ。すごい仲良くさせていただいていた先輩だし、すごい色んな事を教えていただいた先輩だった」といい、「この曲をできるのが嬉しくて。非常に頑張ろうって、嬉しいって言う気持ちでパフォーマンスしよう」と張り切っていたと語る久保さん。

段取りでは、「2曲前の楽曲が終わったら、一端ステージを離れて、次の曲の間に衣装を着替えて(楽曲を)披露する」という早着替えの流れになっていました。

「時間的には早着替えと言いつつも、余裕だと。さすがに私ならできるだろう」と考えていたものの、着替え終わって出位置に到着した時点で、「今、この衣装着てるけど、これで何やるんだっけ? 何の曲やるんだっけ?」と、違和感を抱いたそう。

それもそのはず、実は久保さんが着ていたのは違う衣装でした。

■久保「気づいた瞬間、終わったなって」思わず大号泣した痛恨の失敗談を激白!

「気づいた瞬間、終わったなってなりました。大パニック。やばい、やらかした。これ違う衣装着てる、私。やばいやばいやばいって言って。もう大号泣」だったと語る久保さん。

「絶対怒られると思って。もう間に合わないよって言われると思った」と叱責されることを覚悟しつつ、慌てて着替え場所に駆け込んだところ、「衣装さんが本当に優しくて『大丈夫だよ、久保ちゃん。間に合うよ、余裕余裕』って言いながら着替えさして」くれたそう。

しかし、久保さんは「もう間に合わない、間に合わないって泣きながら、自分で着替えることもできずに突っ立ってた」と、動揺から立ち直れない状態でした。

とはいえ、「私のソロ2番目に来るし、やばい、本当に間に合わない。ソロんところでステージに居なかったら大問題」だと思い直し、何とかイントロの間に着替え終わった久保さん。

「皆さんよりちょっと遅れてステージに出れた」と、事なきを得た事を明かします。

とはいうものの、号泣した痕跡を完全に消し去る事は出来ず、目が赤くなってしまっている様子は、翌年に発売されたDVDやBlu-rayでも確認する事が可能です。

「本当だったら、嬉しいって言う気持ちをステージに持っていくはずだったのに申し訳ない事をしてしまった」と反省した上で、「こういう経験があったからこそ、ライブで大きなミスもしなくなった」のだと自身の糧になった事を明かしました。

■「そんな理由だっんだ」3年越しに明かされた裏話にファンも驚愕!

今回の放送に対し、ネット上には「7thで久保ちゃんの目が真っ赤だったのはそんな理由だっんだ!想いが溢れてのことだと思ってた」「そんな裏話があったなんて。それを踏まえた上で改めて円盤を観ようかな」「バスラがさらに楽しみになる放送だったなぁ。サンエトの裏話も教えてくれて嬉しかった」など多くのコメントが投稿されていました。

ライブ中、久保さんの目が赤かった理由が約3年越しに明かされ、意外な事の真相に驚いたという方も多かったようです。

毎回、多くのファンに感動を届けている乃木坂46のライブですが、出演者だけでなく、多くのスタッフに支えられて実現している事を改めて実感する事ができる印象的なエピソードでしたね。

ライブの度に多くのエピソードが生まれる乃木坂46。

改めて、「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」ではどんなエピソードが生まれるのだろうかとより楽しみが増したという方も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
乃木坂46のオールナイトニッポン
https://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20220512010000

(文:こじこじ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.