格闘家の引退と一般人の転職は同じ?引退せず現役続行してしまう理由…魔裟斗が告白!

投稿日:2022/05/07 15:04 更新日:

5月6日、魔裟斗さんのYouTubeチャンネルでは、魔裟斗さんが格闘家の引退について語る動画を公開。引退について正直な思いを明かし、注目が集まっています。

魔裟斗

(画像:時事通信フォト)

■格闘家の引退と一般人の転職は同じ?引退せず現役続行してしまう理由…魔裟斗が告白!

30歳で現役を引退した魔裟斗さん。

格闘家の引退について聞かれると、「初めてK-1の世界チャンピオンになったのが23(歳)。その後さ、5年間チャンピオンになれなかったわけじゃん。トーナメント負けるたびに引退しようと思ったよね」と、当時の心境を振り返ります。

そして「でも辞めれなかったというか」「辞めて何すんのよ? っていう。だってさ、格闘技しかやることがないから、皆、格闘技やるんじゃないの?」と、正直な思いを吐露。

「格闘技が好きだというか…っていうのもあるんでしょうけど、他に出来ることがあってもっといいものがあったら、多分最初からそっちに行ってるじゃない」「『引退しますよ』って引退したらさ、その後何もしないわけにはいかないじゃない」「また新しい勝負になるわけよ」と、引退してからも新しい勝負が始まると語る魔裟斗さん。

「辞めるイコール、また新たな闘いが始まるみたいな。しかも、全く知らない未知なる闘い」と、引退は決してゴールではなく、その後について考えなくてはならないと言い、「だから、引退って怖いんじゃない? 次何やろうかなっていうのはさ、決まってないからさ」と、引退を考えた時に格闘家が抱える正直な気持ちを語ります。

■引退したくても現役を続けてしまう理由とは「こっちの方が楽なわけ」

また、「俺がこう、チャンピオンになれなくて『辞めよう辞めよう』と思っても辞められなかったのはさ」と、自身の引退について語り始める魔裟斗さん。

「そのトーナメントの後、しばらくして辞めようと思っててもさ、特にやることが無いわけ」「とりあえずジムでも行って身体動かそうってジム行くわけ。そうするとさ、気が晴れるんだよね」と、トーナメントで負けた後はジムに通っていたといいます。

そして、「(トレーニングに)集中すると余計なこと考えなくていいわけ」「そうするとこっちの方が楽なわけ。現役を続けてる方が」「だからなんか新しい挑戦より、今までどおり現役を続けてる方が…になっちゃうから、なかなか引退って出来ないんじゃないのかなって」と、引退するよりも現役を続けてしまう理由を明かします。

「俺が本当に引退を決めたのはやっぱ、もう1回、2回目の2008年のチャンピオンになることが出来たから」と、魔裟斗さん自身が引退を決めたきっかけについても言及。

「なんとなく次の方向性が見えたなみたいな。それがあったから引退って決めることが多分出来たんじゃないかな」と、引退に吹っ切れた理由を明かしました。

■格闘家の引退について語った魔裟斗に視聴者「すごく興味深いお話でした」

動画後半では、格闘家のセカンドキャリアについても語った魔裟斗さん。

今回の動画に対し、ネット上では「本物を極めた男の発言は説得力がある」「格闘家の苦悩も知れてすごく興味深いお話でした」「今働いている仕事を辞めたくても辞められずに働いている人がたくさんいるけどその理由に近いのかもね」との声が上がっています。

魔裟斗さんの話から、引退を考える際の格闘家の正直な気持ちが伝わってきましたね。

また、自身の転職と重ねて考える視聴者も多かったようです。

【番組情報】
魔裟斗チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=r_1EHJiPgaw

(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.