マイファスHiro、表現が独特すぎて若槻千夏「歌詞書きすぎじゃない?」

投稿日:2022/04/29 10:21 更新日:

4月28日放送の「トークィーンズ」(フジテレビ系)では、ロックバンド・MY FIRST STORYのボーカル・Hiroさんがゲストとして登場。Hiroさんが好みのタイプの女性を明かし話題を集めました。

若槻千夏

(画像:時事通信フォト)

■マイファス・Hiroの好みのタイプとは?

今回、本番前の事前取材を3時のヒロイン・福田麻貴さんと"めるる"こと生見愛瑠さんが担当。

福田さんが「ちなみに好きになる人はどういう人が多いですか?」 と尋ねると、Hiroさんは「今までは結構こう…凪みたいな子が多かったです」とコメント。

続けて、Hiroさんは「さっきまでめっちゃ…例えばイチャイチャして笑ってたのに、 急に不機嫌になって一言も喋らなくなるみたいな。(感情の)上がり下がりが激しい人…じゃない子の方が多かったです」とこれまでの恋愛遍歴を振り返ります。

また、福田さんが「告白とかは自分からするタイプですか?」と問いかけると、Hiroさんは「絶対します!」と即答。

「ほぼ確かな時しかしない」というHiroさん。続けて「ガシガシ網漁みたいな感じで、狭めていって最後1匹になった時にガシッと揚げるみたいな感じなんで」と告白は自信がある時だけ行うとのこと。

■「告白はやっぱ怖い?」の質問に…

ここで、福田さんはHiroさんが作詞・作曲を担当したマイファス「告白」の歌詞を取り出し、楽曲の中の「一生一度の告白 こわい こわい こわい」という歌詞と実際のHiroさんの恋愛観が違うと指摘すると、Hiroさんは「朗読しないでください」と恥ずかしそうな表情を浮かべました。

その事を踏まえて福田さんが「告白はやっぱ怖い?」と聞くと、Hiroさんは「やっぱ告白して『好きだよ』って言った時にミスったらどうしようというか。フラれちゃったらどうしようとかっていう方も用意しとくし、色んな事考えすぎちゃうタイプなんです」と説明します。

この話を聞いた福田さんが「それが『こわい こわい こわい』に」と伝えると、Hiroさんは「それは全然違います。それはまた全然違うお話なんですけど」と歌詞の内容とリアルな恋愛は別物だと語りました。

■Hiro、表現が独特すぎて若槻千夏「歌詞書きすぎじゃない?」

事前取材のVTRが終了した後、スタジオで福田さんが「凪な女性がいいって言ってましたけど、例えば『トークィーンズ』のメンバーだったら誰がその凪に当たるんですか?」と尋ねると、Hiroさんは若槻千夏さんの名前をあげます。

すると、若槻さんは「凪って何?これ嬉しいの?」とコメント。さらに、若槻さんは「それこそさ『浮き沈みのない人がいいです』って普通の人は言うじゃないですか。『浮き沈みのない凪のような人』ってもうこれ歌詞書きすぎじゃない?」とHiroさんにツッコミを入れ、笑いを誘いました。

今回の放送について、ネット上では「歌詞書きすぎじゃない?!はめっちゃ笑った」「浮き沈みのない凪のない人って歌詞書き過ぎじゃないって名言」「若槻千夏さんって言葉選びの天才だと思う。着目する所も冴えてるし浮き沈みのない凪のない人って歌詞書き過ぎじゃないって脱帽です」などのコメントが上がっています。

若槻さんが「『浮き沈みのない凪のような人』ってもうこれ歌詞書きすぎじゃない?」とHiroさんにツッコミを入れくだりで大笑いしてしまったという人が多かったようですね。

【番組情報】
トークィーンズ
https://tver.jp/episodes/epjp5sjyys?utm_campaign=epjp5sjyys&utm_medium=web_lp

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.