東野幸治はお金のために丸くなった!?若手時代のトガった芸風からギアチェンしたきっかけをポロリ

投稿日:2022/04/18 10:44 更新日:

毎週日曜日に放送の『マルコポロリ!』(関西テレビ/フジテレビ系)。4月17日の放送では、お笑いコンビ・Aマッソが出演。加納さんが後輩芸人の四千頭身に激昂したエピソードを披露し、話題を集めています。

東野幸治

(画像:時事通信フォト)

■加納、ライブ配信終了後に楽屋で激昂していた!?

今回の放送では、トガリまくっていた芸人としてAマッソが出演。かつては、松竹芸能に所属していた加納さんと村上さんですが、フリー期間を経て、現在はワタナベエンターテインメントの所属に。

番組中盤には、そんなAマッソにMCの東野幸治さんが「村上さん、ワタナベに行って相方さん(加納さん)はキレてませんか?大丈夫ですか?」と、投げかける場面が。

すると、村上さんは「ライブがあって、ライブのMCをしてて、その時(ライブ)配信が入ってたんですけど…」と、以前に出演した劇場でのライブについて振り返ります。

当日、配信トラブルがあったそうで、「会場におるお客さんだけに向けて"つなぐ"と」と、Aマッソ2人で最初の10分程度、復旧までの間を埋めていたそう。

村上さんは「途中で後輩の四千頭身が(舞台に)上がってきたんですよ」と、ヘルプにきた後輩について、ジェスチャーを交えて説明します。

舞台は盛り上がって終わったそうですが「その後、舞台降りたら加納がもう『なんで四千頭身(舞台に)あげてん!』って楽屋で叫んで」と加納さんは、大声で激昂していたそう。

さらに「『後輩に私たちが助けられた』『こんな悔しいことあらへん』みたいになって」「『情けない!』みたいな」と、当時の加納さんの姿をモノマネする村上さんに大盛り上がりしました。

■加納、四千頭身に物申す「『なめんなよ!』と思って」

当時を振り返り、加納さんは「『大丈夫ですか?』って言って(舞台)上がってきたんですよ、四千(頭身)が」と、悔しそうな表情を浮かべます。

続けて「『なめんなよ!』と思って」と、ガンを飛ばす加納さんに、出演者たちは大盛り上がり。

「15分結構(お客さん)わいてたよな!?」「ウケてたんですよ、ドッカン!ドッカン!」と、両手で花火が上がる仕草を見せ、声を張り反論する加納さん。

東野さんは「違う違う!ウケてないんちゃう?」「ほんまに!?」と笑いながら疑います。

当日、お客さんが四千頭身とAマッソの突然のコラボを喜んでいたそうで、その様子を見て加納さんは「『じゃかぁしぃわ(やかましいわ)!』と思って!」と声を張り上げ、笑いを誘いました。

■東野幸治はお金のために丸くなった!?若手時代のトガった芸風からギアチェンしたきっかけをポロリ

その後「トガってた自分と丸くなった自分との葛藤」との悩みを明かすAマッソ。

加納さんは「他の芸人の人とかは、丸くなっていく時に何をギアチェンジしたのかなって」との疑問を穏やかな表情で語ります。

すると、若手時代にトガっていたという東野さんは「どっかからやっぱり…結婚とか、年齢とか」「なんかこうお金…もっと欲しいとか」と心の声がポロリと溢れ、スタジオを沸かせました。

視聴者からは、ネット上で「Aマッソの尖りエピいつ聞いても良いのよ」「Aマッソの加納さんキレるの好きかも」「Aマッソ面白かった!」「Aマッソの尖り具合面白かった」など、番組を楽しんだ人の声が上がりました。

まっすぐ感情をあらわにする加納さんの、人間味溢れる放送でしたね。

(文:葉加瀬ミカ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.