『お芝居はここだからな』高橋一生、中村勘三郎さんとの秘話を明かす!

投稿日:2022/04/08 15:14 更新日:

4月8日放送の「あさイチ」(NHK総合)の「プレミアムトーク」では、俳優の高橋一生さんがゲストとして登場。高橋さんがNHK大河ドラマ「元禄繚乱」(1999)で共演した中村勘三郎さんとの思い出を明かし話題を集めました。

高橋一生

(画像:時事)

■高橋一生、初大河「元禄繚乱」の思い出明かす

今回のゲストは文豪・川端康成の名作を映像化したドラマ「雪国 -SNOW COUNTRY-」で主演を務める高橋一生さん。番組では、高橋さんが18歳の時に出演したNHK大河ドラマ「元禄繚乱」のお宝映像をVTRで紹介。

この時が大河ドラマ初出演だったという高橋さんに、鈴木奈穂子アナウンサーが「覚えていますこの時の事?」と尋ねると、高橋さんは「覚えてますね。周りにはそうそうたる俳優さんたちがいらして、僕確か、一番最初のシーンを撮るのがショーケン(萩原健一)さんだったんですね」とコメント。

続けて、高橋さんは「僕憧れの人だったので、うわあ〜どうしたらいいか分からないなと思いながら、でもなんとなくお芝居をさせていただいていくうちに少しずつ慣れというよりもやっぱり芝居の臨み方みたいなものはずっと勉強をさせていただいたような気がします。ずっとこそこそ見ていたような」と当時の記憶を回顧します。

ドラマにはオーディションに合格して出演した高橋さん。その時、時代劇特有の難しい言葉を喋れることをプロデューサーから褒められたのが印象に残っているとのこと。

この作品の共演者の吉田栄作さんについて高橋さんは「栄作さんの方がものすごくよくしてくださった記憶があって、一生一緒にプールに泳ぎにいこうみたいな事で、 一緒にプール泳ぎに行った記憶がありますね」とその時の思い出を明かしました。

■『お芝居はここだからな』高橋一生、中村勘三郎さんとの秘話を明かす!

また、「元禄繚乱」で主演を務めた中村勘三郎さんについて、高橋さんは「勘三郎さんなんかはお芝居をしている時にリハーサルが必ず月曜日にあるんで…。リハーサルをした後にいらして僕のお芝居を見て、ご自分の出番は終わってたんですよ。待てる場所があるんですよ。喫煙所の横みたいなところがあってリハーサル室」と話を切り出します。

続けて、高橋さんは「そこにいた勘三郎さんが立ち上がって『一生』って言って、グーで僕の心臓をがんってパンチして、お芝居はここだからなと言われてそれすごい印象に残ってますね。そのままやれよと言われてなんだかとっても嬉しかった記憶はありますね」と勘三郎さんの言葉が今でも印象に残っている事を明かしました。

今回の放送について、ネット上では「高橋一生の口から聞ける勘三郎さんとの『元禄繚乱』時代の秘話尊い…うひー」「勘三郎さんとのエピソード好きだな」「当時の吉田栄作と子役時代の高橋一生さんが一緒にプール、亡くなってしまった勘三郎さんが一生さんの胸に軽くグーパンチしながら『一生 お芝居はここだぞ』くぅ〜」などのコメントが上がっています。

高橋さんの心臓を叩いて「お芝居はここだからな」と伝える勘三郎さんのエピソードが素敵でしたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.