加地P『アメトーーク!』で“一番の後悔”が明らかに!「救えるカンペが出せなかった」収録終わりの楽屋で…

投稿日:2022/04/08 10:58 更新日:

4月7日の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)では、「今年が大事芸人2022」と題した企画を放送。見取り図・リリーさんが大物芸人にお世話になった事を明かし話題を集めました。

蛍原徹

(画像:時事)

■見取り図・リリーがお世話になったのはあの大物芸人

オープニングトークで、MCの蛍原徹さんが「まずは見取り図、なんか東京に住んでみたいな事を聞きましたよ」と尋ねると、見取り図・盛山晋太郎さんは「この春から上京させていただきまして、住所が東京都になりました」と東京を拠点に活動を始めた事を報告。

続けて、盛山さんが「相方に関しては東京都港区麻布十番に」と話を振ると、リリーさんは「すぐ言うなよ!」と盛山さんにツッコミを入れます。

ちなみに、リリーさんはとんねるず・木梨憲武さんの自宅近くに住んでいるとのこと。そうした事もありリリーさんは「コロナだったんですけど…その時外出れないじゃないですか。だからとんねるずのノリさんが3回ぐらい食べ物を玄関の前に置いてくれて」と木梨さんにお世話になった事を告白。

そんなリリーさんは「だから世界初とんねるずをUber Eats にした男なんですよ」と話し笑いを誘いました。

さらに、盛山さんは「このたびテレビ朝日さんで『見取り図じゃん』という番組始めさせてもらう事になりまして」と冠番組を持てたと話すと他の共演者も拍手で見取り図を祝福します。

■加地P『アメトーーク!』で"一番の後悔"が明らかに!「救えるカンペが出せなかった」収録終わりの楽屋で…

ここで、蛍原さんはMC側ゲスト・千鳥のノブさんと大悟さんに「去年ちょっと覚えてます? 割とねガチすぎてもう空気が結構すごい空気になったんよ。覚えてます?(ノブ)覚えてます」と話を振ります。

すると、ノブさんは「覚えてます。四千頭身とか悩みをしゃべるのはいいんですけど、悩みがガチすぎてなんかもうクリニックみたいになってたんですよ。カウンセリングじゃないから」と当時の記憶を回顧。去年のこの企画では、出演者の悩みが真剣すぎて重たい空気になってしまったとのこと。

また、「アメトーーク!」の総合演出を担当する加地Pこと加地倫三さんについて、蛍原さんは「僕ずっと加地君と一緒にやってるけど『アメトーーク!』始まって以来一番落ち込んで…。 終わってから久々に楽屋で『蛍原さんあれどうやったら』本当になんか四千頭身とかに申し訳ない言うて」と加地さんは落ちんでいた事を明かします。

続けて、蛍原さんが「だからなんか今年やけにね(加地さんが)『ポジティブでいこうポジティブでいこう』(って言っていた)」と話すと、大悟さんは「さっきもなんかわしのとこ寄ってきて『去年な救えるカンペが出せなかった』」と加地さんはいまだに去年の事を引きずっている事を暴露しました。

■加地Pの後悔に「優しい」の声

今回の放送について、ネット上では「加地さん優しいw」「四千頭身を救えるカンペを出せなかったという後悔」「今回の今年が大事芸人、加地さんが守りに入ったからなのか本当にそうギスギス又は暗い状態にならずに平和な感じで終わった気がする素直に楽しかった」などのコメントが上がっています。

「救えるカンペが出せなかった」と去年の事を後悔していると暴露された加地さん。普段は画面に映ることは少ないですが、今回のエピソードからその温かい人柄を感じつつ、楽しみながら観ていた人が多かったようです。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.