笑福亭鶴瓶が贈った言葉が話題に「今度は、女優の中のセンターに」

投稿日:2022/03/26 13:55 更新日:

毎週金曜日に放送されている「A-Studio+」(TBS系)。3月25日のゲストは、2018年に乃木坂46を卒業し、現在は女優として活躍中の西野七瀬さん。番組のエンディングで、笑福亭鶴瓶さんが西野さんに贈った言葉が話題となりました。

笑福亭鶴瓶

(画像:時事通信フォト)

■鶴瓶と西野、同じ小学校出身だった

番組MCの鶴瓶さんとKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔さんは、西野さんの家族(父、母、兄)に事前インタビューを実施していました。

実は、西野さんと鶴瓶さんは地元が同じ。互いの実家はなんと300メートルほどしか離れておらず、出身小学校も同じとのことです。

幼少期から、どちらかというとおとなしくて冷静沈着だったという西野さん。

そんな彼女を鶴瓶さんは、「なんかでも…いいよね、見てて。冷静でずっときてんねんけど、なんかすごいいいよね」と褒めます。

西野さんは首を横に振って謙遜しつつも、自身の性格については「静かに、粛々と(している)」と表現していました。

■西野父の教え「前へ前へ出たらあかん」「いずれ出るもんは勝手に出てくる」

すると藤ヶ谷さんが、「お父さまもおっしゃってましたね、『人をかき分けて前に出るな』って。小さい頃からそう教えてましたって…」と、西野さんの父親から聞いた話を明らかにします。

それを受け、鶴瓶さんが西野さんに「言うてはった? お父さん。『前へ前へ出たらあかん』と。『いずれ出るもんは勝手に出てくるんや』って」と尋ねますが、当の彼女は「え? ちゃんと言われたことは…」と、あまり覚えていない様子。

すかさず「嘘つきはったわ」と西野さんの父親をいじる鶴瓶さん。

藤ヶ谷さんも「えぇお父さま、それ軸で結構言ってたんですけど…!」とツッコミを入れ、スタジオは盛り上がったのでした。

■西野父の教えは"かみ"の教え

番組のエンディングでは、鶴瓶さんから西野さんへ、締めのメッセージが。

鶴瓶さんは、西野さんの家族に取材したことを思い返し、「本当にいい家族やった」と振り返ります。

また、西野さんの父親は、加美の出身だそう。

「『加える』『美しい』(加美)という町の出身なんですね。その教えが…本人(西野さん)は覚えてなかったんですけど『人を押しのけることなく、前へ前へ出んで、押しのけたらあかんよ』と…『自然と出るもんは勝手に出てくんねんから』って熱弁してはった」と続ける鶴瓶さん。

西野さんの父親の熱い言葉を聞いた鶴瓶さんは、「ああ、それ加美出身やから、"かみ"の教えやな」と言ったそうです。

すると父親は「そうです、"かみ"の教えです」と頷き、喜んでくれたんだとか。

鶴瓶さんはさらに続けて、「その"かみ"の教えってホンマにそうで、七瀬が元々乃木坂に入ったとき、3番(3列目ポジション)のところにずっと…一番後ろの方ですよね、居てて、次に2番(2列目)のところに行って…っていうのになったんですよね。それで8枚目のシングル『気づいたら片想い』で、センターとったっていうんです。だから全く"かみ"の教えで、前へ前へ出んと、自然とそうやって自分のその位置に来た、って言うんですね」と、乃木坂46時代の西野さんのポジションを挙げつつ、"かみ"の教えについて言及しました。

■鶴瓶が贈った言葉が話題に「今度は、女優の中のセンターに」

センターポジションも努めていた乃木坂46を卒業し、今では女優として活躍するようになった西野さん。

そんな彼女に、鶴瓶さんは「女優のスタートが、もうちょっと前から始まってるわけですけども。自然と今度は、女優の中のセンターに…いずれ来ると思いますんで。今からが楽しみでございますよね。ぜひ、その舞台も観に行っていただきたいと思います」と、温かいエールを送ったのでした。

放送後、ネット上では「鶴瓶さんいいこと仰ってくださる」「かみの教えか〜すごいいい話」「鶴瓶さんのお言葉すごくありがたい。女優のセンターにいずれ来る。本当にそうなってほしいな」「鶴瓶さん、素敵なお言葉ありがとうございました」「これからも成長し続けるなぁちゃんが楽しみです」など、さまざまなコメントが。

鶴瓶さんが、乃木坂46時代の西野さんの歩みを語った上で、「今度は、女優の中のセンターに」と粋な言葉を贈ったのが素敵でしたね。

これからの西野さんへの温かいエールに、思わず感動したファンも多かったのではないでしょうか。

(文:みなみぱん/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.