L’Arc〜en〜Cielは心臓!狩野英孝の名言に反響

投稿日:2022/03/07 17:58 更新日:

3月6日放送の「Love music」(フジテレビ系)では、狩野英孝さんがゲストとして登場。狩野さんが大ファンのL’Arc〜en〜Cielについて語り話題を集めました。

狩野英孝

(画像:時事)

■狩野英孝、ラルクのファンになったきっかけを明かす

L’Arc〜en〜Cielの大ファンだと予てから公言している狩野英孝さん。そのきっかけについて「やっぱり音楽番組でした。音楽番組で見てて…。中3かな?その時に深夜か何かの音楽番組で見て『カッコイイ』『いい歌だな』一瞬本当数秒流れたんですよ」と数秒流れた楽曲に衝撃を受けファンになった事を明かします。

ところが、当時は「ラル… 何? 何何?」とL’Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)というバンド名が読めなかったとのこと。

■狩野英孝、L’Arc〜en〜Cielベストソングを選出

そして、狩野さんはL’Arc〜en〜Cielのベストソングを3曲選出。「flower」「虹」に続いて、狩野さんが選んだのは代表曲の「HONEY」でした。

この曲について、狩野さんは「1998年って出てましたけど。この当時はL’Arc~en~Cielさん『HONEY』という曲の時に『浸食 〜lose control〜』そして『花葬』3枚シングル同時リリースであったり。その後アルバム2枚同時リリースとかとにかくやる事なす事がすご過ぎて、僕らファンがついてくのが大変というか」とコメント。

続けて、狩野さんは「でもそれでも追い掛けて楽しいんですよ。それが本当に記憶にも記録的にもどんどんどんどん更新していく、アップデートしてく感じを目の当たりにしましたね」とL’Arc〜en〜Cielの魅力を解説します。

さらに、狩野さんが「その後マディソン・スクエア・ガーデンで日本人初の単独コンサート。『もうどこまでいくんだ?』みたいな。ビックリして追い掛けてるこっちも暇じゃないんでね」と話し、スタッフを笑わせました。

そして、狩野さんは「本当、本当、本当。置いてかれないよう必死、必死みたいな。楽しかったっすね」と当時の思い出を振り返ります。

■L’Arc〜en〜Cielは心臓!狩野英孝の名言に反響

MCの森高千里さんが「最後に狩野さんにとってL’Arc~en~Cielとは?」と尋ねると、狩野さんは「心臓ですね!」と回答。

続けて、狩野さんは「だってね 『ラーメン つけ麺僕 イケメン』とか『君たちさ』みたいなこういうのも全部僕真似してたというか。身に付いちゃってるんすよ」と自身の持ちネタもL'Arc〜en〜Cielに影響を受けた事を明かします。

また、狩野さんは「あの動きとか練習とかしてなかったら…。芸人としての僕もいなかったんで、だから本当に助けられたというか。芸的にも芸能界的にも心の支えにもプライベートでも助けられたというか」と感謝を伝えました。

今回の放送にはネット上で「(あなたにとってL’Arc~en~Cielは)狩野英孝『"心臓"』新たな名言きたな」「エイコーちゃんがラルク 愛を語ってるやん。俺も、俺にとってラルクは心臓やで」「ラルクは心臓!良いですな!」などのコメントが上がっています。

狩野さんのL’Arc〜en〜Ciel愛が伝わってきましたね。

特に、L’Arc〜en〜Cielを心臓だという狩野さんの言葉が響いたという人もいたのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.