梶裕貴、花江夏樹の表現力を絶賛「悲しみとかもろさとかそういう部分の…」

投稿日:2022/02/22 17:18 更新日:

2月22日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系)では、声優の花江夏樹さんと梶裕貴さんがVTRで出演。花江さんが新人時代、先輩の梶さんを意識していた事を明かし話題を集めました。

梶裕貴

(画像:時事)

■声優にとっての宝物とは?

今回の番組では、鈴木唯アナウンサーが「声優にとっての宝物はなんですか?A『演技力』B『唯一無二の声』」と質問する場面が。

この質問に、花江さんと梶さんは、どちらも「演技力」と回答します。

その理由について、花江さんは「その昔大先輩がですね、綺麗な声なんて出さなくていい、その場で感じた声を出した時に例えそれが汚い声であったって、それが正解なんだ…。そういう格言、また聞きまた聞きで聞いて『わっすごい』ってなりました」と語りました。

■花江夏樹、顔出しの仕事に積極的な理由とは?

また、鈴木アナが「有名になって嬉しいのは?A『自分の顔』B『キャラクターの顔』」と尋ねると、花江さんと梶さんは2人揃ってBの札を上げます。

花江さんが「役ありきの職業なので」と話すと、梶さんも「とにかく作品を見て欲しい」と応えました。

また、声優業以外にドラマ作品に出演している梶さん。一方で、花江さんも歌手としてCDデビューを果たすなど表現の幅を広げています。

その事について、花江さんは「嬉しいです。なぜかというと我々をもしかして、テレビとかで見かけて子供達が声優を目指す。それだけ才能が集まってくる」と顔出しの仕事にも積極的な理由を明かしました。

続けて、花江さんはユーモアを交えて「(新人が)出てきたら出てきたら、脅かされたら嫌だな」と話し、笑いを誘います。

■梶裕貴、花江夏樹の表現力を絶賛「悲しみとかもろさとかそういう部分の…」

花江さんは新人時代、マネージャーから「お前はうちの梶裕貴になれ!」と言われていた事があるそうで、梶さんの事を意識していたとのこと。

梶さんは「横にいる新人の子、すごく顔見てるなって思って。アフレコの途中に『ちょっとお願い集中できないからあんまり見ないで』と言ったぐらいに(見てきた)」と当時の思い出を明かします。

また、梶さんは「悲しみとかもろさとかそういう部分の表現というのは僕も気持ちを引っ張られる。グッと心をつかまれる音(声)をするなっていう風に感じてますね」と花江さんの表現力を絶賛。

花江さんは「いい番組ですね!」と、憧れの先輩から褒められ嬉しそうにしました。

今回の放送について、ネット上では「朝から花江さんと梶さんをテレビで見れて幸せ」「いい番組ですねって花江くん可愛い」「朝から梶さんと花江さんなんて最高」などのコメントが上がっています。

梶さんに褒められたときの花江さんの笑顔が素敵でしたね。

また、花江さんも梶さんも声優は役ありきのため『とにかく作品を見て欲しい』と話していたのも、アニメファンには嬉しい言葉だったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.