「歌える機会は貴重」生田絵梨花、乃木坂46卒業後の“気づき"を告白

投稿日:2022/02/20 13:34 更新日:

毎月第三土曜日に放送されている音楽番組「Sound Inn "S"」(BS-TBS)。2月19日放送回では生田絵梨花さんが出演。乃木坂46卒業後の気づきについて語り、話題となりました。

生田絵梨花

(画像:時事)

■生田絵梨花、卒業後初の音楽番組出演!

この番組は、前身番組の放送開始が1974年に遡る歴史ある番組で、最高のアーティスト、サウンドメーカー、ミュージシャンが一堂に会し「時を超えた、ここでしか聴くことのできないサウンド」を届ける事をコンセプトとしています。

2011年の結成当初からグループの中心メンバーの一人として活躍してきた生田さんにとって、今回が卒業後初の音楽番組への出演とあって、ファンの間では放送前から大きな注目が集まっていました。

1曲目に演奏したのは1970年に発表されたエルトン・ジョンの代表曲「Your Song」です。

「今までやってきた中でも難易度かなり高い」と語る難曲に対し「素敵なアレンジだったからまんまと全部弾きたいと思って一生懸命練習しました」と語る生田さん。

「本番が一番楽しめるように頑張りたい」と映画、CM、舞台など多忙な日々の合間を縫って練習を重ねてきた成果を見事な弾き語りで披露しました。

■「歌える機会は貴重」生田絵梨花、乃木坂46卒業後の"気づき"を告白

続いて、乃木坂46のオーディションで歌った思い出の楽曲だというI WiSHの「明日への扉」を「10年経ってみて、新たなスタートに立つ時に歌ってみたい」という想いを込めて披露します。

3曲目に選んだのは中島みゆきさんの名曲「誕生」でした。「中島みゆきさんの詩集を読むことが好きで、自分の心が落ちた時とかにすごくエネルギーを貰っている」と語る生田さん。

「特にこの『誕生』と言う曲は救ってもらった時期があって。この曲を歌うってすごい難しいと思うんですよ。だけど多分、今回歌わなかったらもう歌わないかなって思ったので、この番組を機に向き合ってみようと思いました」と、この楽曲を選んだ理由を明かします。

さらに、卒業後に「音楽を身近にするって言うのが難しい」という事に気づいたと打ち明ける生田さん。

「常にシングル出して、歌番組があって、ライブがあって。ルーティーンの中に(音楽が)入ってた」と、在籍時を振り返りつつ「一人になるとなかなかそういう(音楽に)取り組める場っていうのが、自分が積極的に『何かしたい、こうしたい』っていうのがないと持てない」のだと語ります。

その上で「そういう時にこの番組から声をかけていただいたので。すごく本当に歌える機会は貴重なんだなって改めて感じてます」と感謝を語り、想いを込めて歌い上げました。

■「同じ時代に生んでくれた両親に感謝」挑み続ける生田絵梨花に、ファンから反響続々!

番組収録後「やりきりました」と晴れやかな笑顔を浮かべた生田さん。「全部挑戦というか、えいやっていう気持ちが必要だった」と振り返りつつ「これやる事によって、世界が広がった感じがします」と手応えを感じている事を明かします。

さらに「まずは自分がどんな音楽を届けたいのかっていうのを知る為にも、色んなジャンルを歌えるようになりたい」「譜面を貰って、それをやるという事だけじゃなくて。一緒に生み出していけるように頑張りたい」と今後の目標を語りました。

そんな今回の放送に対し、ネット上には「卒業後もいくちゃんの歌声が聴けるってだけで感動」「卒業後初の音楽番組で、オーディションで歌った曲選ぶのドラマすぎる」「挑戦し続けるいくちゃんを、応援し続けます」「どの曲も素敵すぎて。いくちゃんと同じ時代に生んでくれた両親に感謝」など多くのコメントが投稿されていました。

グループ在籍時から、泳ぎ続けなければ死んでしまう"マグロ"に喩えられるほど、飽くなき挑戦をし続けてきた生田さん。卒業後も一切変わる事のない、挑み続ける姿勢が印象的でしたね。

また、それぞれにジャンルの異なる難易度の高い楽曲を見事に歌い上げる歌唱力に改めて胸を打たれた方も多かったようです。

今回の放送を聴いて、今後のさらなる飛躍に対する期待が大きく膨らんだという方も多いのではないでしょうか。

(文:こじこじ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.