織田信成が北京五輪フィギュア女子SPを総括!「今まで見た中で一番きれい」

投稿日:2022/02/17 9:47 更新日:

2月16日、フィギュアスケーターの織田信成さんのYouTubeチャンネル「織田信成の"滑るけどスベらない"チャンネル」では、終わったばかりの北京オリンピックフィギュアスケート女子ショートプログラムについて語る動画を公開。織田さんのわかりやすいまとめが注目を集めています。

織田信成

(画像:時事)

■織田が北京五輪フィギュア女子SPを総括!「今まで見た中で一番きれい」

まずは、79.84で自己ベストを更新し、3位につけた坂本花織選手について。

「花織ちゃん良かったほんとに」と、拍手する織田さん。

「今まで見た中で一番きれいだったんじゃないかなっていうぐらい、スピードもあったし高さもあったし」と、坂本選手の滑りを絶賛します。

そして、79.84をマークしたことについて「日本の選手の中では、トリプルアクセル跳ばない(選手)史上最高得点出たんじゃないかなと思っているので」「それをね、このオリンピックで出来たっていう、しかも最終滑走のあのプレッシャーでね、出来たっていうのがほんと、素晴らしかったと思います」と語りました。

続いて、73.51で5位につけた樋口新葉選手について。

「トリプルアクセルしびれた!」と織田さん。「きれいに降りてて軽かったんで、これは行けんじゃないかと思って見てて」「新葉ちゃんがいろいろ跳んできたトリプルアクセルの中でも一番きれいに仕上げて決まったトリプルアクセルだったんじゃないかと」と、樋口選手のトリプルアクセルを絶賛します。

しかし、その後のジャンプの回転不足などで惜しくも減点されてしまった樋口選手。

織田さんは「ほんとだったらね、新葉ちゃんも79とか80点ぐらい出る点数だったんだけど、細かい所でもう、あー悔しいなと思ったんだけど」ととても悔しそうな表情を浮かべます。

しかし「でも、何よりも一番彼女自身が楽しそうにこう、出し切って滑れた、このオリンピックでって言うのを見て、すごく心にグッとくるものがありましたね」と、樋口選手を労いました。

■河辺愛菜の演技中「音鳴ってる?みたいな…」

最後は、62.69で15位につけた河辺愛菜選手について。

織田さんは「河辺さん最初のグループだったので、どうしてもまだ会場自体がこう、温まってない感じはあったんですけど、でも冒頭のトリプルアクセル失敗する以外は、ほんとにきれいに跳べて滑れてたんで、いいんじゃないかなと思います」と総括します。

織田さんとしては「ちょっと最初の1分くらい、音鳴ってる?みたいな、音響もうちょっと上げてこ?みたいな感じではあったんですけど」と、河辺選手滑走時の音響が気になったよう。

しかし「でもその中でもほんと全然落ち着いて滑れてたんじゃないかなと思います」と、河辺選手の堂々とした滑りを評価しました。

■織田信成の女子SP解説に視聴者「分かりやすくて、ほっとします」

フィギュアスケート女子のフリープログラムは17日行われます。その際も終了後に動画を上げてくれるという織田さん。

今回の織田さんの解説に対し、ネット上では「やっぱり織田さん解説が分かりやすくて、ほっとします」「織田くんお疲れさまです!日本女子皆さん素晴らしかったですね」「3選手ともフリーでは思いっきり楽しんで演技してほしいですね!」との声が上がっています。

17日のフリーでも、3選手が本来の力を発揮できるよう祈りたいですね。

【番組情報】
織田信成の"滑るけどスベらない"チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=Ij9fut2G76k

(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.