あの有名歌手は本番より打ち上げの方が力入ってる!?TOKIO松岡昌宏が紅白の裏話を明かす

投稿日:2022/02/06 18:54 更新日:

2月5日放送の「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(テレビ東京系)では、演歌歌手の田川寿美さんがゲストとして登場。田川さんとTOKIO・松岡昌宏さんが「NHK紅白歌合戦」の思い出を明かし話題を集めました。

青空

■田川寿美、松岡昌宏の先輩だった?

今回のゲストは「NHK紅白歌合戦」に4度出場した演歌歌手の田川寿美さん。高校時代、田川さんは松岡昌宏さんの先輩だったとそうです。

当時の松岡さんの印象について、田川さんは「何か松岡くんてムードメーカーでみんなを楽しませてくれるんだけど、なんかちゃんと目の奥は冷静っていうかよ〜く見てるっていう。子どもなのに大人のイメージを持ってる」とコメント。

また、田川さんが同じ学校の先輩には夏川りみさんもいたと伝えると、松岡さんは「夏川さん僕被ってないんだよだから。僕この間初めてこの番組来ていただいて、先輩だって事を知ったんだけど」と番組共演を通じて夏川さんが先輩だと知ったと言います。

■松岡昌宏が紅白の裏話を明かす

トークが進む中で、田川さんは「でもね松岡くん『紅白』で再会した時すごい嬉しかったの。 楽屋裏かなんかで『とんちゃん(田川さん)!』って話しかけてくれて、それがすごい嬉しくて。緊張するじゃない?で、そういう気持ちをちょっとなんか癒やしてくれて、学生の気分にその一瞬だけフワッとなれたのよね」と振り返ります。

一方で、松岡さんは「多分これはですね、とんちゃんは歌うじゃん?これはうちのボーカルはそうだったかもしれないけど俺ら演奏だから」と本音を吐露。

続けて、田川さんが「どんな気持ち?」と尋ねると、松岡さんは「いやなんか叩くか…。やるか~みたいな。なんていうのかな『紅白』特有の緊張感はあるのよ。あるんだけど俺はだいたいサウナ入って、そろそろNHK、NHKホール行くか」とリラックスムードで本番を迎えていた事を明かしました。

■あの有名歌手は本番より打ち上げの方が力入ってる!?

ここで、松岡さんは「俺はなんか好きだったのは大部屋の楽屋があるんです。 女性のチーム男性のチーム。でも本当だったら皆さんそれぞれの楽屋にいらっしゃるのに『紅白』の時はその大先輩方がもうブワーッといるんですよ」と回顧します。

続けて「そこ行ってすみません、お先勉強させてもらいますじゃないですけど『行ってきま〜す!』って言うとだいたい細川たかしさんが『TOKIO!』とかって言ってくれて。で、鳥羽一郎さんとか五木さんとかも『いってこい!』っていう、なんか『頑張れよ!』『いってこい!』っていうのが楽しかったですね」と「紅白」の思い出を語る松岡さん。

また、松岡さんは「細川たかしさんなんて本番より終わってからの打ち上げの方が力入ってるもんね」と話すと、田川さんも「そうそう」とうなずき相槌を打ちました。

今回の放送について、ネット上では「日本酒の飲みっぷりがかっこよい!」「紅白の裏話おもしろい、そして、三茶の赤鬼…好みばかりだー、絶対行こう」「細川たかしさんにTOKIOって送り出してもらうのが紅白らしいエピソードで微笑ましい」などのコメントが上がっています。

ドラム担当ということで、ボーカルほど「紅白」で緊張しなかったという松岡さん。松岡さんらしいエピソードで聴き入ってしまった人も多かったようです。

【番組情報】
二軒目どうする?~ツマミのハナシ~
https://tver.jp/corner/f0097244

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.