朝ドラ「ひよっこ」米屋の娘・米子誕生秘話に伊藤沙莉も驚愕!?

投稿日:2022/02/04 13:01 更新日:

2月4日「あさイチ」(NHK総合)の「プレミアムトーク」では、女優の伊藤沙莉さんがゲストとして登場。伊藤さんが2017年に放送されたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の出演秘話を明かし話題を集めました。

伊藤沙莉

(画像:時事)

■伊藤沙莉が「ひよっこ」の出演秘話を明かす

NHKの朝の連続テレビ小説「ひよっこ」で米屋の娘・安部さおり(米子) 役を演じたことでも注目を浴びた伊藤さん。ドラマの反響について「一番街とかでも声かけていただいたのは、米子って声をかけていただくのが一番多かったですね今までで」と振り返ります。

それまでは「学園モノとかに出る機会が多かった」という伊藤さん。「上の年齢の方に知られる事があんまなくて…。だいぶ上の方に知っていただけるようになりました」と朝ドラ出演を通して多くの人に名前を知ってもらえるようになったとのこと。

番組では、伊藤さんが「ひよっこ」への出演が決まった時の写真を公開。実は、伊藤さんは米子の恋敵・助川時子役でオーディションを受けていたそうです。

しかし、伊藤さんは別の作品でヤンキー役を演じていたことから、その姿のままでオーディションに参加したため「こんなの絶対受かんないよと思って行って」と落選することを覚悟していたと言います。

それでも、伊藤さんは「お嬢様調の喋り方をしてっていうのを脚本の岡田さんがずっと見てて米子を生みだしてくれたので…。当て書きで書いてくださったんです、米子」と脚本家の岡田惠和さんが最初はストーリー上にいなかった米子を新たに書き足してくれた事を明かしました。

■「ひよっこ」米屋の娘・米子誕生秘話に伊藤沙莉も驚愕!?

このタイミングで、小林孝司アナウンサーは「その時の真相をドラマのプロデューサーに聞いてまいりました。『伊藤沙莉さんにオーディションに来ていただいたのは2016年でした。それ以前に舞台を拝見していて魅力的な女優さんだなと思っていましたが、脚本家の岡田惠和さんが書かれていたプロットではしっくりはまる役はない感じでした』」とメッセージを読み上げます。

続けて、小林アナが「オーディションには岡田さんも参加しやっぱり伊藤沙莉さんは面白なとなり、その場で米屋の娘・米子という役が生まれました」と米子誕生秘話を明かすと、伊藤さんも「その場で!?」と驚きを隠せません。

また、小林アナが「そういう事はあるんですか?オーディションの時に他の役がその場で生まれるという事は」と尋ねると、伊藤さんは「その場でっていうのは初めて聞きましたけど…『当てはまらないけど、じゃあこの役で』ということはよくあった事ではあります」と語りました。

今回の放送について、ネット上では「朝からひよっこの話し聞けて嬉しい〜米子はもともと居ないキャラっだったんだ!その場であんなクセ強キャラ生み出しちゃう岡田惠和さん流石だなぁ」「ひよっこの米子の誕生秘話。別役のオーディションに来た伊藤沙莉さんのためにその場で誕生したと」「オーディションにきて伊藤沙莉さん使いたいから米屋の米子がその場で生まれたって話しすげぇな」などのコメントが上がっています。

伊藤さんも驚愕した米子の誕生秘話。「ひよっこ」の裏話に、視聴者も興味津々だったようです。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.