麒麟・川島明、芸能界引退に本音ポロリ「えらい茨の道来てしまった」

投稿日:2022/01/28 16:25 更新日:

1月27日深夜放送『かまいたちの知らんけど』(MBS毎日放送/TBS系列)では、麒麟・川島明さんがゲスト出演。川島さんが『ラヴィット!』のMCオファーを受けた際の裏話、芸能界引退時期についてなど、本音を交えて語りました。

川島明

(画像:時事)

■川島『ラヴィット!』のMCが決まり「始まる前が一番嫌やった」

今回の番組では、山内健司さんの「帯(番組)のオファー来た時ってどうやったんすか?」「ためらわなかったんですか?」との問いかけから、『ラヴィット!』(TBS系)の話題に。

「一発返事じゃないですよね、絶対」と濱家隆一さんも興味津々。

2020年11月にMCのオファーを受けた川島さんは「まずそこで1回TBSのカメラを探して」「これは多分ワイプでダウンタウンさん見てるな」とドッキリ企画だと思い、その話を信じられなかったそうです。

そして、局側からバラエティ番組を担当しているベストメンバーを揃えると言われ「断れへん」と感じたという川島さん。

その後、妻に相談すると「是非やってくれ」と背中を押され「誰も(オファー)止めてくれへん(かった)」と笑いました。

相当なプレッシャーの中「2月くらい、始まる前が一番嫌やった」「夏くらいまでしんどかったですけどね」と、番組が始まって3〜4ヶ月は批判も多かったと言い、川島さん自身もそれらを気にしていたようです。

しかし、今は一転し「今はもうほんま学校みたいな感じっすね、楽しい」「毎日あるから、まぁちょっと開き直れたというか」と、視聴者からも受け入れられるようになり絶好調な様子を見せました。

■川島、芸能界引退に本音ポロリ「えらい茨の道来てしまった」

自分は天然キャラでもなく、後輩に頭を叩かれたり、ドッキリもかけられたりするといった経験もほぼないと明かす川島さん。

「非常に川島はやばいルート行ってるな」「歳取れば取るほど扱い困るやろうな」と自分の芸歴や芸風を振り返りつつ、今後について真剣な表情で述べます。

「めっちゃむずない?これからが」と悩みを暴露しながらも「一生やり続けときたい、芸人は」と真っ直ぐに言い切ります。

「川島さん引退は?」との濱家さんの質問に「自分が繰ってきたことがウケへんようになったら、もう引退やろなぁ」と考えているとのこと。

「俺とかはハゲてもあかん(ウケない)と思う」「えらい茨の道来てしまったっていう」と明かしながらも、冗談を交え盛り上がりました。

ネット上では「川島さん回、途切れる事なくずーっと面白かった!さすが」「川島さんいると絶対面白くなるっていう安心感はすごい」「川島さん一言一句面白い」「ほんと川島さんの情報量とトーク力凄いよなぁ」など、川島さんの魅力にどっぷり浸かった人の声が寄せられています。

■視聴者「川島かまいたちに一時間は足らない!!」の声

その他にも、恥ずかしい若手時代のエピソードで盛り上がったり、競馬対決をしたり、名店蕎麦屋やおすすめのケーキ屋を訪問したりして、盛りだくさんだった今回の放送。

ネット上では「川島かまいたちに一時間は足らない!!」「この3人のトークずっと聞いてたい」「神回も神回」など、3人のトークを楽しんだ人の声があがりました。

普段は中々聞くことができない貴重な本音トーク満載だった今回の放送を「もっと観たい!」と感じた視聴者も多かったようです。

【番組情報】
かまいたちの知らんけど
https://tver.jp/corner/f0096540

(文:葉加瀬ミカ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.