清原果耶、菊池風磨に冷たく塩対応!「あっ…そうですね」

投稿日:2022/01/08 17:31 更新日:

1月8日放送の「王様のブランチ」(TBS系)では、11日から放送が始まる新ドラマ「ファイトソング」(TBS系)で共演する清原果耶さん、間宮祥太朗さん、Sexy Zone・菊池風磨さんがVTR出演し、話題を集めました。

清原果耶

(画像:時事通信フォト)

■清原が新ドラマ「ファイトソング」に意気込み

「ファイトソング」で主人公・木皿花枝を演じる清原さんは、「やってみなさんにお届けできると思ったらすごく…。いや楽しみですけど、どうなんだろう? 緊張します」と本音を吐露。

この話を聞いた花枝の幼なじみ・夏川慎吾役の菊池さんが、「どうする? やめる?」とツッコミを入れると、清原さんは「それはちょっとな…。今まで頑張ってきたからな一応やりたい!」と返答し、2人の息の合った掛け合いを見せます。

ドラマで描かれるのは、これまで一度も恋をした事がない元空手少女・花枝と、彼女が空手の試合前に必ず聞いていた勝負曲の作者で一発屋ミュージシャン・芦田春樹(演・間宮さん)、慎吾の三角関係。

清原さんは、「ひょんな事から運命の出会いを果たすんですけど、何と言ったってそこから物語が動き出す」と、花枝と春樹の出会いが描かれる初回の見どころをアピールします。

■空手をやりたかった清原に母親が勧めたのは?

空手は初挑戦という清原さんは、「念願叶って、私ずっと空手やりたいと思ってたんですけど、なかなか機会がなくって…。空手やりたいって小学生の時思ってて、母親に言ったら気づいたらクラシックバレエに入れられてて、そんな真逆な事あるとは思ったんですけど」と、空手少女役は念願だった事を明かします。

監督や空手先生に、「あなた強いんだからね」と毎日のように言われたという清原さんは、「あっそうですよね、私強い!」と思い込み撮影に臨んだとのこと。

この話を聞いた菊池さんは、「役抜けずに路上とかでケンカしないでよ」と指摘すると、清原さんは「しないですよ!」とコメント。

■間宮に「CDTV」も黙ってない?

今回、ミュージシャン役という事もあり、間宮さんはスタジオに行って歌録り、ピアノの練習、ギターの録音を行うなど本格的な役作りをしたとのこと。

間宮さんが、「役者としての(仕事)が1個も入ってなくて」と話すと、菊池さんは「『COUNT DOWN TV』が黙ってないね」と音楽番組からオファーがくるのではと伝えます。

すると、間宮さんはミュージシャンっぽく「『COUNT DOWN TV』をご覧のみなさん」と話し、ノリの良さを見せました。

■清原、菊池に冷たく塩対応!「あっ…そうですね」

また、菊池さんは「僕、演じる慎吾ちゃんは花枝ちゃんの事大好きなんで、一見チャラそうに見えるんですけど、とにかく一途に思っていて愛を伝えてるんですけど、なかなか振り向いてもらえず」と話すと、間宮さんは「気持ちい役柄!」と慎吾の真っ直ぐな性格を絶賛。

続けて、菊池さんは「でも運命の出会いしちゃうでしょ、2人が…。ただその三角関係が、見てる人が嫌な気しない三角関係だと思うんですよ。みんな事を応援したくなるような、3人それぞれの事を応援したくなるような。みんな3人が真っ直ぐで不器用なだからこそ応援したくなる三角関係なんで、それは楽しんでもらえるかなと、ドキドキしっぱなしです」と、笑顔を見せます。

そこで菊池さんが「ねっ花枝ちゃん」と隣の清原さんに呼びかけるも、清原さんは「あっ…そうですね」と役の設定を守り、塩対応で答えていました。

今回の放送にネット上で、「果耶ちゃん相変わらず冷たいの可愛いかったです笑笑風磨くんとの掛け合いが面白かった」「リアルポスター再現かわいい間宮くんの『CDTVをご覧の皆さん』を観れてうれしかった、風磨くん最高のフリをありがとう」「テンポの良い会話でずっと3人笑顔だし楽しそうでドラマの放送が益々楽しみです!」などのコメントがあがっています。

清原さん、間宮さん、菊池さんの掛け合いの息がピッタリ合っていて、共演者同士の仲の良さが伝わってきましたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.