日向坂46齊藤京子、今年の"ターニングポイント"を告白「結構キャラ迷走とかもしてた」

投稿日:2021/12/27 10:57 更新日:

日向坂46のメンバーが週替わりでパーソナリティを務める冠ラジオ番組「日向坂46の『ひ』」(文化放送ほか)。12月26日放送回には齊藤京子さん、髙橋未来虹さんが出演。齊藤さんが自身のターニングポイントとなった出来事を明かし、話題になりました。

齊藤京子

(画像:時事通信フォト)

■「勇気貰いました」髙橋未来虹、今年初参加が叶った有観客ライブの喜びを語る

2021年最後の放送となった今回、出演メンバーの近況や裏話、プライベートの出来事などを伝えるコーナー「こんなに話しちゃっていいの?」では今年1年を振り返りました。

早速「2021年、振り返ってどんな年でしたか?」と尋ねる齊藤さん。

この質問に対し、昨年の2月に新3期生として加入した髙橋さんは今年3月に開催された「日向坂46 デビュー2周年キャンペーン Special 2days」(通称:ひな誕祭)を挙げ「私にとっては有観客のライブをさせていただいたのが初めてで。やっぱりそれが印象的でしたね」と振り返ります。

この答えに「えっ、嘘、本当に?」と驚く齊藤さん。髙橋さんは「そうなんです」と頷きつつ、初めて参加したライブが2020年7月に開催された無観客生配信ライブ「HINATAZAKA46 Live Online, YES!with YOU!~"22人"の音楽隊と風変わりな仲間たち~」であった事を明かしました。

「そこからはずーっと無観客でやってて。『ひな誕祭』でやっと有観客でできるようになって」と振り返り「ライブをより大好きになった1年」だったと総括します。

これに「お客さんが居るのと居ないのとでは本当に違うよね」と共感する齊藤さん。

髙橋さんは「そうなんです!最初、居ない事に慣れてしまって。居ない中で、必死にパフォーマンスしてたりした」としつつも「やっぱり目の前に観てくれてる人がいる力というか、すごい元気になれました。勇気貰いました」と有観客でライブを行える喜びを改めて噛み締めていました。

■齊藤京子、今年の"ターニングポイント"を告白「結構キャラ迷走とかもしてた」

続いて、髙橋さんは齊藤さん初のソロ写真集「とっておきの恋人」が発売された事や初の冠MC番組「キョコロヒー」(テレビ朝日系)の放送が開始された事などに触れ「どうでしたか?」と尋ねます。

この質問に対し、齊藤さんは「写真集がそう言えば今年だな…という風にまず思った」としつつ「本当に夢が叶った瞬間」だったと振り返ります。

髙橋さんが「ファンの方もきっと嬉しかったですよね」とファンの心情を慮ると「そう思ってくれてたら、本当に何よりです」と頷いていました。

さらに「キョコロヒー」について「私の中ではめっちゃ大きくて。2021年で一番大きかった事。自分の立ち位置を知れた場所」だと語る齊藤さん。

「今まで結構キャラ迷走とかもしてたし『仕事どうして行ったらいいのかな?』とか思う事結構あった」と、思い悩む時期があったことを告白します。

その上で「キョコロヒー」が「こういう風にやっていこうかなっていう風に思ったターニングポイントでもあった」事を打ち明けました。

■「たくさんの出来事があったな~」齊藤×髙橋の振り返りトークに反響続々!

今回の放送に対し、ネット上には「コロナを通じて、改めて有観客の偉大さを感じた1年だったね」「齊藤京子さんにとって、キョコロヒーがどれだけ大事だったかはよく分かる」「キョコロヒー本当にいい番組ですよね」「今年1年の色んなお話が聴けてたくさんの出来事があったな〜と懐古できました!来年もよろしくお願いします!」など多くのコメントが投稿されていました。

初めて有観客ライブに出演することができた喜びを語る髙橋さんと、夢であった写真集の発売や自身のターニングポイントともなった「キョコロヒー」について語った齊藤さん。

終始、楽しそうに2021年を振り返る姿が印象的でしたね。そんな二人の話を聞きながら、様々な思い出が蘇ってきたという方も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
日向坂46の「ひ」
https://radiko.jp/share/?sid=QRR&t=20211226183000

(文:こじこじ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.