「この歴史の系譜の中にSMAPって絶対いる」ダイノジ大谷も思わず熱弁する"SMAPの魅力"

投稿日:2021/12/24 16:24 更新日:

12月23日、お笑いコンビ・ダイノジのYouTubeチャンネル「ダイノジ中学校【ミュージックチャンネル】」では、ゲストにヴォーカリスト兼ピアニストの木下航志さんを迎え、SMAPについてトークする動画を公開。木下さんの美しい演奏でSMAPの名曲がよみがえり注目を浴びました。

マイク

■「この歴史の系譜の中にSMAPって絶対いる」ダイノジ大谷も思わず熱弁する"SMAPの魅力"

『夜空ノムコウ』がきっかけでSMAPを好きになったという木下さん。ダイノジのリクエストに応え、次々とキーボードでSMAPの名曲を奏で、歌声を聞かせてくれます。

木下さんがSMAPの楽曲の中で特に好きなのは『Fine,Peace!』。メロディを奏でた後「やっぱりあの5人、6人が凄いのは、声に個性があるっていう」と語ります。

大谷ノブ彦さんも「実は、歌が飛び抜けて上手いとかそういうことじゃなくて、ちゃんと個人の色があって、楽器としてなってるんだよね」と納得し、SMAPの楽曲『ありがとう』を例に挙げ「ずっと『ありがとう』って繰り返してるのに、飽きないんだよね」と話しました。

また、大谷さんは「ブラックミュージックを日本語の、日本の歌謡の世界の中にちゃんと落とし込めたっていうのが、やっぱこの歴史の系譜の中にSMAPって絶対いるよね」と、SMAPとブラックミュージックの関係についてもコメント。相方の大地洋輔さんも「絶対つなぎの一つだもんね」とうなずきます。

■声質、楽曲…SMAPの魅力を独自分析「日本人の和のメロディーがありながら…」

また、木下さんによるとSMAPは「誰一人(声の音域が)高い人がいない」とのこと。

「みんな低いので、この5人、6人の声が集まっているので、集合体みたいなのになっている」そうで、木下さんがSMAPを歌う時は1~2個キーを上げて歌うそう。大谷さんが「そういう意味で言うと、特殊な感じだったの?」と聞くと「そうだと思います」という木下さん。
大谷さんは、さらに「楽曲の良さもあるでしょ?」「ブラックミュージックバリバリじゃないじゃん」と、SMAPの楽曲の魅力について問いかけます。

木下さんも「ちょっと日本人の和のメロディーがありながら、でも演奏はニューヨークサウンドみたいな」と分析しました。

■木下航志が奏でるSMAPに視聴者「メロディがいいことがよく分かる」

木下さんの演奏のおかげで「曲の良さがこんなに知れたのは凄いよ。あと超難しいってのも分かった」という大地さん。

木下さんによると「いろんな楽器がこうSMAPの曲って入ってるから、意外と構成音とかコードを確認するのが結構難しい」とのこと。大谷さんは「SMAPって凄いことやってるんだね」としみじみ感心していました。

今回の動画に対し、ネット上では「キーボードだけになると、メロディがいいことがよく分かる」「カバーアルバム聴きたい!」「最近SMAPにハマって初めて007買ったけど森さんと香取さんの二人で歌う曲めっちゃいいからなぁ」との声が上がっています。

木下さんの素敵な演奏と解説のおかげで、SMAPの魅力がより一層視聴者にも届いたのではないでしょうか。

【番組情報】
ダイノジ中学校【ミュージックチャンネル】
https://www.youtube.com/watch?v=tcSnoPSAEhw
(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.