BE:FIRSTは『未熟さも含めて愛してもらっているグループ』ファンも共感するダイノジの分析が凄い!

投稿日:2021/12/03 9:51 更新日:

12月2日、ダイノジのYouTubeチャンネル『ダイノジ中学校【ミュージックチャンネル】』では、11月にメジャーデビューしたばかりの男性ボーカルグループ、BE:FIRSTの楽曲を聴いた二人の反応が話題になりました。

マイク02

■ダイノジ、BE:FIRSTのMVに「あ、カッコイイ…」

今回は、BE:FIRSTのデビューシングル『Gifted』を聴いて、ダイノジの二人が率直なリアクションを伝えていく企画でした。

早速、MVが流れ始めると「あぁ、いいねぇ」「ほらもうだから、こういうことですよ!カッコイイねぇ」としみじみ噛み締める大谷さん。

さらに大谷ノブ彦さんは、「最近のジャニーズの曲もいいけど、この曲も、こことかすごいカッコイイ」など語りながら、あまりのかっこ良さに思わず笑ってしまう一幕もありました。

一方の大地さんも、口数は少ないながらも「あ、カッコイイ…」とつぶやくなど、MVに惹きつけられている様子でした。

■「やっぱりw-inds.はすげぇな…」その先鋭性に改めて脱帽

曲が終わり、大谷さんは「この路線ですよ、もはや。抑制がめちゃめちゃ効いてるよね!」とコメントした上で「全然違うところから例えを出して怒られるかもしれないけど…やっぱりw-inds.はすげぇなって話ですよ(笑)。もう(随分前から『Gifted』のようなスタイルで)やってっから!」と語りました。

さらに「俺たちDJ(の目線)で言うと、DJ泣かせだよね。例えば『Gifted』をかけたところで、俺たちは盛り上がらないから。ビートが強くないから、これはBE:FIRSTというボーイズグループありきの曲だね」と語り、BE:FIRSTの魅力が引き出された楽曲であることを強調していました。

また大谷さんは、今や世界的人気を誇るボーイズグループ、BTSのことも引き合いに出し、「BTSが、エイティーズのフレーバーでかなり寄って、もうみんなに分かりやすく(楽曲を作って)日本の小学生でも好きになるような曲を世界規模で生み出しているなか、差別化のためにもBE:FIRSTが行こうとしてるところって、そっちってことでしょ。志の高さをすごい感じるし、これがお茶の間に流れてることが、すごい先鋭的な感じがしない?」と絶賛していました。

■BE:FIRSTは『未熟さも含めて愛してもらっているグループ』ファンも共感するダイノジの分析が凄い!

大谷さんは、今年9月に開催された『SUPERSONIC 2021』でのBE:FIRSTのパフォーマンスを見たそうですが、「堂々としていながらも、伸びしろをすごく感じた。『俺、この瞬間を目撃できてラッキーだったな』って思うくらい、何年か経ったときにすごいパフォーマンスやりそうな感じがあった」と語ります。

これに対し、大地さんも「誰目線だよって話だけど、俺はSKY-HI君ならまだまだ出来るって多分思ってる気がする。ちょっと抑えてるんじゃないかなって思う」とコメント。

二人は「ある種の未熟さも含めて愛してもらっているグループなんじゃないか」という考えで共鳴し、BE:FIRSTの将来性にさらなる期待をしているようです。

この他にも動画では、SKY-HIさんがプロデュースするグループや楽曲の方向性など、コアな部分について熱く語るシーンもありました。 

ネット上では「音楽の深いところまで解説していただいて、未熟さも含めて計算されていることを言語化していただいて感動しました!」「おふたりが感じた未熟さが、成熟されていく過程を見られるのが楽しみです」「BE:FIRSTの今後が楽しみです!おふたりがお勧めしていたw-ins.も聞いてみます」などの声が上がっていました。

既に日本で人気を集めている他のアイドルグループなどと比較しながら、BE:FIRSTが目指す音楽性について予想していくダイノジの会話は、とても熱意があり、引き込まれた人も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
ダイノジ中学校【ミュージックチャンネル】
https://www.youtube.com/watch?v=pmY5knIYo8w
(文:くる美/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.