秋元真夏、休業中の山下美月を思いながら『Sing Out!』を歌っていた「いつかこの歌詞を歌えたら」

投稿日:2021/11/29 9:34 更新日:

11月28日放送の「おしゃれクリップ」(日本テレビ系)では、乃木坂46センターの山下美月さんがゲストとして登場。グループのキャプテンを務める秋元真夏さんから山下さん宛にメッセージがあり、話題になりました。

山下美月

(画像:時事)

■秋元真夏、山下美月の素顔を明かす「孤高の人みたいな感じ」

VTRで登場した秋元真夏さんは山下美月さんの素顔について「メンバーに隙を見せないんですよ。あんなに隙がない子、今まで乃木坂にいなかったってぐらい、メンバー同士一緒にいる時間が長いので、甘えるじゃないですけど、メンバーに頼ったりする事が多いんですけど。山下は本当…孤高の人みたいな感じのイメージがあります」とコメント。

続けて、秋元さんは「ちょっとぐらい隙見せてもいいのにって思っちゃいます。たまにちょっと心配になって詰め込みすぎてて、声をかけると『大丈夫ですよ!』って言うんですけど『大丈夫ですよ』が大丈夫じゃない顔してる」とストイックすぎて心配になることがあると言います。

さらに「一期生とか二期生で卒業していく子が増えた時に、もう冗談半分で『美月、辞めないでよ』みたいな事をよく言ってたんですよ。私は正直冗談ではなくて、美月が齋藤飛鳥と一緒にWセンターみたいな感じで引っ張っていく事が増えたんですよ。最近。そこで美月に辞められたら困ると思って、本音でそれはすごい言ってました」と明かした秋元さん。「辞めないで」という言葉は本心だったと伝えたのでした。

ほかにも、山下さんへのアドバイスとして「一回、仕事のことを忘れたほうがいいと思うんですよ。家帰って、今日の仕事のあの演技どうだったんだろうとか、あの歌番組の表情どうだったんろうとか、絶対考えるタイプだと思うので全部を忘れて、休みを取って森とかに行って欲しいですね」と語ります。

秋元さんからのメッセージについて山下さんは「流石キャプテンですね。めちゃくちゃ見透かされてるというか」と笑いました。

■秋元真夏、休業中の山下美月を思いながら『Sing Out!』を歌っていた「いつかこの歌詞を歌えたら」

そして、2019年5月に乃木坂46がリリースした「Sing Out!」。この時、山下さんは休業中で、楽曲に参加していませんでした。そのため、グループ加入後、唯一参加できなかった楽曲です。

この楽曲について、秋元さんは「美月がいない間にみんなで披露してる時はこれいつか美月も一緒に入って、この曲のこの歌詞を歌えたらいいなという風にその事を考えながら歌ったりとかしてました」とコメント。

ここで、MCの山崎育三郎さんからの「休業期間って今振り返ったらどういうものですか?」という質問に、山下さんは「プラスになった期間だなと思っていて。その時の悔しさとか色んな考えがあったから1つ成長だなって思いますね」と前向きに捉えていると語りました。

■秋元真夏の言葉にファン感動「うるっときました」

今回の放送について、ネット上では「色々掘り下げてて良かったなーSing Out!のくだりはちょっと泣けた真夏さんはいつもいいコメントだなぁ」「真夏キャプテンの言葉は的確だしSing Out!の歌詞が心に染みる」「真夏さんの観察力凄いし、Sing Out!のくだりはうるっときました」などのコメントが上がっています。

休業中も山下さんのことを気にかけていたという秋元さん。山下さんの性格を加味してアドバイスをおくる姿に感動したファンが多かったようです。

【番組情報】
おしゃれクリップ
https://tver.jp/corner/f0090226

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.