タカトシ・タカの超売れっ子時代が壮絶すぎた…『黄金伝説』で見せた涙のワケ

投稿日:2021/11/18 9:47 更新日:

お笑いコンビ・オードリーの若林正恭さんと春日俊彰さんがMCを務める『あちこちオードリー』(テレビ東京系)。11月17日の放送では、ゲストにお笑いコンビ・タカアンドトシが登場。最も多忙だった2007年について語る場面がありました。

タカ

(画像:時事)

■タカの超売れっ子時代が壮絶すぎた…『黄金伝説』で見せた涙のワケ

出演者がさまざまな過酷な伝説に挑戦していた番組『いきなり!黄金伝説。』(1998~2016年/テレビ朝日系)でレギュラー出演していたタカアンドトシ。

『黄金伝説』出演中だった2007年には、レギュラー番組を15本持っている売れっ子芸人でしたが、多忙過ぎて当時について「記憶があまりない」のそう。

なんでも、『黄金伝説』で山籠もり生活やっている最中、深夜ラジオのために1度3時に東京に戻り、再び群馬の山奥に連れていかれるなど、超過密スケジュールだったのだとか。

そこで、若林さんから当時のメンタルについて質問が。

タカさんは、『黄金伝説』の"1週間でせんべい1000枚食べる"という企画で、朝の生放送から、着替えながら食べている様子、移動時間すらも、カメラが付いて来ていた状況を振り返り、「1週間で5キロずつ増えた」と告白。

また、当時番組ではタカさんが涙を流しながらせんべいを食べる模様も放送されていましたが、タカさんは「訳わからなくて涙止まらなくなっちゃった」と、過酷な企画と多忙過ぎる日々のストレスから、メンタルも涙腺も崩壊していたことを明かしました。

■タカ「めっちゃハゲたもん」

また、当時番組によっては、長時間収録をしていたり、深夜1時から収録が行われていたりとなかなか過酷な状況だったようで、なんとタカさんは寝坊を防ぐために靴を履いて寝ていたのだとか。

タカさんは、「もうベッドで寝ちゃうと起きれないから、玄関で寝てました。リュックを枕にして。で目覚ましかけてパチッって起きてそのまま行く」と、当時の驚きの眠り方を明らかに。

さらに、「どうせ4時間寝ても眠いから2時間は飲みに行こう」と決めて飲みに行き、2時間しか睡眠をとってない日もあったことを告白。

「2時間飲むことによってリセットされて、ストレス発散になった」ものの、「その時間にやってるお店は、だいたい焼肉屋しかないから…毎日焼肉食って、2時間寝て…でぶくぶくぶくぶく」と体型の変化もあったと言います。

そこにトシさんが、「髪ギットギトよ? 風呂入んないし、焼肉ばっか食ってるから」と頭を叩いてツッコみ、当時のタカさんの髪の状態について明かします。

するとタカさんは、「めっちゃハゲたもん、その時。久々に風呂入ったら、めっちゃ髪抜けたもん」とコメント。

超過酷だった時代について語りました。

■過去の人気番組の裏側に「確かに壮絶だった」の声

ネット上では、「黄金伝説凄く好きでよく観てたけど、確かに今思うと壮絶だったなぁ」「黄金伝説とかの辺の話世代過ぎて嬉しいな」「黄金伝説はホント大変そうだったもんなぁ」といった声が上がっていました。

当時『黄金伝説』を見ていた視聴者は、タカアンドトシの話を聞いて、懐かしさを感じつつ、過酷な裏側に驚いたのではないでしょうか。

【番組情報】
あちこちオードリー
https://tver.jp/corner/f0089252

(文:ジョブリナ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.