和牛・川西、コンビ結成に一役買ったBKBに感謝「あいつがいなかったら」

投稿日:2021/11/05 16:40 更新日:

11月4日放送の「やすとものいたって真剣です」(朝日放送/テレビ朝日系)では、藤崎マーケット、アインシュタイン・河井ゆずるさん、アキナ・山名文和さん、バイク川崎バイク(BKB)といった大阪NSC26期の同期芸人が出演。BKBさんが同じNSC26期生の和牛のコンビ結成秘話を明かし話題を集めました。

和牛・川西賢志郎

(画像:時事)

■かまいたち、コンビ結成に同期は反対していた?

今回の番組では、同じ大阪NSC26生のかまいたちの濱家隆一さんと山内健司さんの印象について、藤崎マーケット・トキさんは「山内はやっぱおかしかったですよね普通に」と明かします。

続けて、トキさんは「コンビ組む時も一応僕ら立ち会ったんですよ。濱家は色んなコンビ組んで解散してたんで『新たしい人がおる』と『それ山内なんですけど、みんなに紹介したいっ』ていうので、じゃあ俺らが判断する」とかまいたちがコンビを結成した時のエピソードを紹介。

「その時、山内は開口一番『昨日のK-1グランプリ見たって』って…。『ジェロム・レ・バンナ強かったね』って急に言い出したんすよ。こいつ全然おもんないなって、その時おった同期のメンバー、川原とか色々いたんですけど、あいつはやめといた方がいいんちゃうのかっていうのが初めての印象です」というトキさん。最初はコンビ結成に反対していたようです。

さらに、トキさんは「売れるとは思ってましたけどここまでかっていう…。そんな売れんのって。今『かまいたちの昔の事を教えてください』っていうアンケート山ほど来るんす。何か地元のおじさんみたい」とかまいたちのここまでの成功には驚いていると語りました。

■和牛・川西がBKBに感謝する理由とは?

今回は同じ大阪NSC26生の和牛の水田信二さんと川西賢志郎さんもVTRで登場。

コンビ結成時、お互いに相方を探していた水田さんと川西さんから相談を受けていたBKBさんが2人を引き合わせて紹介したことがあるそうです。その後、意気投合した水田さんと川西さんはコンビを結成し、成功したのだとか。

和牛のコンビ結成に一役買ったBKBさんは「和牛ファンは僕の事、バイクキューピッドバイクっていう何か…そっちのBKBって呼んでるらしいです」とドヤ顔で言います。

そして、川西さんは「BKBいなかったら僕らはコンビ組めてないんでね。こういう風には言いますけど、あいつがいなかったらコンビ組めてなかったとか、まぁ事実なんでね。そういう事は言ってきてますけど…。僕は本当に感謝してます。あいつがいなかったら芸人続けられてたかなぁって思ってるんで」とコンビ結成のきっかけを作ってくれたBKBさんに感謝していました。

今回の放送について、ネット上では「かまいたちの地元のおじさん(笑)」「26期回(またの名をBKB回)めちゃくちゃ面白かった!和牛が同期一人一人の印象話してくれたのうれしい 同期の空気感めっちゃ好き!」「バイクキューピットバイクが何気にツボるwww和牛さんをくっつけたのはBKBさんなんやねー!#やすとものいたって真剣です」などのコメントが上がっています。

和牛のコンビ結成に一役買ったBKBさんのエピソードが素敵でしたね。

また、最初はかまいたちのコンビ結成に反対していたという話には驚いた人もいたのではないでしょうか。

【番組情報】
やすとものいたって真剣です
https://tver.jp/corner/f0087993

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.