鈴木鈴木、ユニット名の名付け親・中居正広に感謝「誇りに思ってますから」

投稿日:2021/11/01 15:38 更新日:

11月1日の「バゲット」(日本テレビ系)では、兄弟ユニット・鈴木鈴木の十夢(兄)、聖七(弟)が登場。インタビューの中で、2人は鈴木鈴木のユニット名の由来を明かし話題を集めました。

マイク

■鈴木鈴木、歌に興味を持ったきっかけは?

今回、平松修造アナウンサーが取材したのは、兄弟ユニットの鈴木鈴木の十夢さんと聖七さん。

平松アナが音楽を始めたきっかけを尋ねると、聖七さんは「両親がやっぱ音楽を聴いてたんで、そういう影響もあって音楽はずっと好きだったんですよ」とコメント。

続けて、平松アナの「何となく頭の中に『俺ら歌得意だよね』って意識はあったんですか?」という質問に、十夢さんは「僕が歌上手いって気づいたのが中3とか高1ぐらいだったんで、友達と初めてカラオケに行って高得点出して『自分上手いんだ』(と思った)」と友人と行ったカラオケがきっかけだったと明かしました。

さらに「弟が僕の姿を見て『僕もやりたい』みたいな事を言い出してそっからだね」と振り返る十夢さん。聖七さんは「ルーツは僕は兄です。兄貴がやってて、それを追っかけるような感じで始めて」とボイストレーニングをする兄の十夢さんの姿を見て歌を始めたと語りました。

■鈴木鈴木、ユニット名の名付け親・中居正広に感謝「誇りに思ってますから」

そして「鈴木鈴木」というユニット名を名付けてくれた中居正広さんについて、十夢さんは「2017年に中居正広さんの番組に出させてもらって兄弟で…『お前らユニット名は?』って聞かれて『まだ決まってません』って言ったら『鈴木鈴木でいいじゃん』(と言われた)」と歌番組で共演した時に中居さんがユニット名を提案してくれたと言います。

続けて、聖七さんが「本当にノリで言われたよね」コメント。十夢さんは「僕らそれで嬉しかったんで、それでやってこうよって」と振り返りますが、聖七さんは「嘘ついてます。嬉しかったは嘘です…。もちろん、言ってくれたのは嬉しいんですけど、10代の時って横文字とかに憧れるじゃないですか。そっからの漢字で鈴木って…。うわぁ和みたいな超日本みたいな」と暴露。どうやら「鈴木鈴木」というユニット名に最初は戸惑いを感じたようです。

すると、十夢さんは「当時、一個決めていたのがあって…DEPARTURES(ディパーチャーズ)。完全な横文字で」と当初は別のユニット名を考えていた事を明かします。

そこで、平松アナが「今どうですか?『DEPARTURES』と『鈴木鈴木』を比べたら」と質問したところ、十夢さんと聖七さんは声を合わせて「鈴木鈴木ですね!誇りに思ってますから」と胸を張って答えました。

■鈴木鈴木の名付け親に視聴者驚愕「知らなかった」

今回の放送について、ネット上では「へぇ〜知らなかった!!"鈴木鈴木兄弟"って中居くんが『名付け親』だったんだ」「鈴木鈴木って、中居くんが名付け親?全く知らなかった」「『鈴木鈴木』の名付け親が中居さんなの!?びっくりしたw」などのコメントが上がっています。

中居さんがノリで名付けたというユニット名『鈴木鈴木』。覚えやすい名前のため、一度聴いたら忘れない名前かもしれませんね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.