日向坂46高本彩花「びっくりするぐらい体が軋む」22歳にして感じた"体力の限界"を告白

投稿日:2021/11/01 13:37 更新日:

日向坂46のメンバーが週替わりでパーソナリティを務める冠ラジオ番組「日向坂46の『ひ』」(文化放送ほか)。10月31日放送回には高本彩花さん、宮田愛萌さんが出演。高本さんが最近体力の限界を感じるようになった事を明かし、話題になりました。

日向坂46

■「愛萌を守りたい」先輩・高本彩花の想いに宮田愛萌「好きって思っちゃいます」

1期生の高本さんと2期生の宮田さんはこれまで撮影を1回した程度で、二人きりでの仕事がほとんどなかったそう。番組冒頭、宮田さんは「(ファンに)仲悪いと思われそうじゃないですか?こんなに絡みがないから」と心配している事を明かします。

すると高本さんは「そんなことないよ、絶対」と否定した上で「だって愛萌が『彩ちゃん』って呼んでくれてるのをファンの人気づいてるよ」と指摘します。

これに宮田さんも「確かに!そうですね」と頷きつつ「良かったです、それなら」と安堵していました。

「表には出さないけど裏では結構喋ったりする」と言う宮田さんに対し「愛萌が心配だからいつも声をかけてしまう」「愛萌を守りたいなぁと思って。ツアー中は特に」と、想いを明かす高本さん。

先輩の思いやりに対し、宮田さんは「心配されるのとか慣れてないから、心配されるのが嬉しくて。好きって思っちゃいます」と喜んでいました。

■高本彩花「びっくりするぐらい体が軋む」22歳にして感じた"体力の限界"を告白

メンバーの近況などについてトークを繰り広げる「こんなに話しちゃっていいの?」のコーナーで、11月2日に高本さんが23歳の誕生日を迎える事を祝福した宮田さん。「22歳どうでした?」と尋ねます。

この質問に対し、高本さんは「22歳は体力の限界を感じた」と告白。これに現在23歳の宮田さんも「感じますよね」と共感します。

「20歳超えてから怪しいなとは思ってたんだけど、本当にびっくりするぐらい体が軋む」という高本さんに対し「すっごい分かります!」と頷き「ちょっと動いただけで『もう、ダメだぁ』って。筋肉が悲鳴を上げていく感じ」だと語る宮田さん。

すると高本さんは「23歳もきっと体の限界をすごい感じると思う」と言い、その対策として「筋トレを始めた」事を明かしました。

体の限界を感じた際、周囲の人から「筋肉がないからこうなります」と指摘され「なるほど」と思ったという高本さん。

「簡単な筋トレを教えてもらって、やるように努力してる」「23歳はライブでバテないようにしたいなと思ってる」と抱負を語りました。

■「早くも体力の限界」アイドルらしからぬ告白に反響続々!

今回の放送に対し、ネット上には「この2人の関係性いいな。ほっこりした空気感に癒される」「20代前半で早くも体力の限界…アイドルは大変だからなぁ」「体力の限界について語り合う。アイドル番組らしからぬトーク内容に親近感湧く」「ライブでバテないように筋トレ。プロですね」など多くのコメントが投稿されていました。

20代前半の若さで早くも体力の限界を感じているという高本さん。アイドルによるラジオ番組とは思えないトーク内容が印象的でしたね。

また、ライブを完遂する体力をつけようと筋トレを始めたという高本さんに感心したという方も多かったようです。

普段、なかなか二人きりで仕事をする機会が少ないという二人。今回の放送ではそんな二人が醸し出す柔らかな雰囲気に癒されたという方も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
日向坂46の『ひ』
https://radiko.jp/#!/ts/QRR/20211031183000

(文:こじこじ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.