乃木坂46賀喜遥香、先輩・山下美月に憧れを抱いた"きっかけ"を告白!「透明感がすごかった」

投稿日:2021/10/18 11:10 更新日:

バナナマンの設楽統さん、日村勇紀さんがMCを務める乃木坂46の冠番組「乃木坂工事中」(テレビ愛知/テレビ東京系)。10月17日放送回では賀喜遥香さんが山下美月さんに憧れを抱くようになったきっかけを告白し、話題となりました。

山下美月

(画像:時事)

■賀喜遥香、先輩・山下美月に憧れを抱いた"きっかけ"を告白!「透明感がすごかった」

この日の放送では前身番組「乃木坂って、どこ?」(テレビ愛知/テレビ東京系)も含めて番組放送開始10周年を迎えた事を記念し「クイズ3万人に聞きました」という企画を実施しました。

視聴者からもう一度見たい名場面を募集して作ったランキングを元に、メンバーは「どこチーム」「工事チーム」に分かれ、ベスト10に入っているであろう名場面を予想。

正解したチームには票数がポイントとして与えられ、最終的により多くのポイントを獲得したチームが勝利というルールです。

「どこチーム」の賀喜さんが挙げたのは2017年4月に放送された「3期生が初めて紹介された回」でした。

これまで雑誌のインタビューなどで「山下さんに一目惚れして乃木坂46が好きになった」と度々答えるなど、常々山下さんに憧れを抱いていることを公言してきた賀喜さん。「その回の山下さんを観て『あ、好き』ってなったんです」と、山下さんに憧れを抱くようになったきっかけのシーンであることを明かします。

設楽さんが「どこをどう見て好きってなったの?」と質問すると「美月さんが黒髪のボブで、とりあえず透明感がすごかった」と回答。この話を山下さん本人は時折頷きつつ、嬉しそうに聞いていました。

■賀喜遥香が選ぶ意外な"名場面"に山下美月赤面「よくアレで好きになってくれた…」

賀喜さんが選んだのは、加入したばかりの3期生と先輩メンバーがペアを組み、その魅力を紹介するという「3期生PR大作戦」の中に登場するシーンです。

山下さんは1期生の若月佑美さんとペアを組み、お笑い芸人・サンシャイン池崎さんのモノマネを全力で披露。この時、表示されたテロップは「サンシャイン山下」というものでした。

当時の映像を振り返り、山下さんは「恥ずかしかったです」と赤面。思わず手で自分の熱くなった顔を仰ぐ仕草を見せます。日村さんが「あれ見て『透明感ある』って…」と大笑いする中、表示されたテロップは「空前絶後の透明感」という秀逸なものでした。

スタジオが笑いに包まれる中「純粋だと思ったんじゃない?」とフォローした設楽さん。さらに「山下、頑張ってたな!」と話を振ります。

すると山下さんは「頑張ってましたね」と頷き「よくアレで好きになってくれた…」とコメント。「かわいいはジャスティス」というテロップが表示される中、スタジオは再び笑いに包まれます。

そんな中、設楽さんは「頑張ってる過去のVTR見ると、この頃頑張ったから今があるんだなって思ってほっこりする」と感慨深げな様子で語っていました。

■「むしろ感動」意外過ぎる"山下愛"の原点に反響続々!

今回の放送に対し、ネット上には「今日もかっきーが山下愛を爆発させていてとても良い」「まさかかっきーの山下愛の原点がサンシャイン山下だったとは。意外過ぎて、むしろ感動」「バナナマンのホームビデオを見るような優しい目がなんか泣ける」など多くのコメントが殺到。「#乃木坂工事中」がTwitterのトレンドに入るなど大きな反響がありました。

モデルや女優としての活躍も目覚ましく、今や"乃木坂46のエース"と呼ばれる機会も増えている山下さん。

最新曲「君に叱られた」でセンターを務め、"次世代エース候補"の一人に数えられる賀喜さんが、そんな山下さんに憧れるようになったきっかけがサンシャイン池崎さんのモノマネであったという意外なエピソードが印象的でしたね。

過去の名場面を懐かしそうに見つめるバナナマンの二人の優しい眼差しに胸を打たれるとともに、改めて10年という時をかけて紡がれてきた乃木坂46の歴史に想いを馳せたという方も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
乃木坂工事中
https://www.youtube.com/watch?v=qsk19C_eegA

(文:こじこじ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.