「同じ芝居を何度も繰り返し撮影…」永野芽郁の女優魂にファン驚愕

投稿日:2021/10/12 17:14 更新日:

10月11日、映画『そして、バトンは渡された』の公式Twitterでは、女優の永野芽郁さんの演技について裏話が綴られ、話題になっています。

永野芽郁

(画像:時事)

■監督も驚きの裏話も!

10月29日に公開される映画『そして、バトンは渡された』。温かいストーリーが人気の小説が豪華キャストで映画化するとあって、公開前から大きな話題となっています。

そして、この日公式アカウントに投稿されたのは、永野さんに関する撮影中の裏話。永野さんが涙を流しながらピアノに向かうショットとともに「永野さんの演奏しながら涙を流すお芝居はなんと11 回!」と、驚異の撮影回数が明かされました。

さらに「水をゴクゴク飲んでいましたが、水分補給で涙がでるのか?と前田監督も驚いていました」と、監督も驚いていたと言います。

この投稿にファンからは「11回も泣いてピアノを弾くなんて!」「すごい女優魂」「ますます芽郁ちゃんが好きになりました」「映画見たら絶対もらい泣きする」「心して映画を見たいです」と、絶賛する声があがっています。

永野さんが見せたプロ根性に、脱帽したファンが多かったようです。11回撮影されたこちらのシーンがどのような仕上がりになっているのか、早く劇場で観賞したいですね。

(文:秋川りす子/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.