街中でファン『ブタって言ってください!』小沢真珠、牡丹と薔薇の驚きエピソード告白

投稿日:2021/10/12 15:51 更新日:

10月12日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)では、女優の小沢真珠さんがゲストとして登場。社会現象になったドラマ『牡丹と薔薇』(フジテレビ系)について小沢さんが思い出を明かし話題を集めました。

小沢真珠

(画像:時事)

■街中でファン『ブタって言ってください!』小沢真珠、牡丹と薔薇の驚きエピソード告白

今回のゲストは15日から公開が始まる『劇場版 ルパンの娘』に出演する女優の小沢真珠さん。小沢さんは2004年に放送されたドラマ『牡丹と薔薇』での怪演が話題になりました。

司会のバナナマン・設楽統さんが「当時、どうでした?反響とか」と尋ねると、小沢さんは「当時は、もうどこに行っても『薔薇や、薔薇や』みたいなのとか。でも『牡丹と薔薇』って言える方が意外に少なくて『薔薇と牡丹や』とか逆になったりとか『薔薇と真珠や』みたいな、どっちも私みたいな」と当時の思い出を明かしました。

また、設楽さんが「でも、この時のキャラクター的にはちょっと悪女というか。悪女のイメージみたいなものはどうだったんですか?」と質問します。

小沢さんは「でも、怖がられてた部分もあるんですけど意外に道で『ブタって言ってください!』って言われて」と、街中で劇中の名台詞「役立たずのブタ!」を求められる事もあったとのこと。

それでも、小沢さんは「ちょっと言ったら、引かれるんじゃないかなって思うけど…。思い切って、例えば男の子たちの集団とかに『ブタ!』とか言ったら『ああ、やべえ』って…意外な反応で。良かった喜んでもらえて」と笑顔を浮かべます。

■小沢真珠、いつも携帯がバキバキ…?

そして、今回の番組では、小沢さんの担当マネージャーから「スマホの画面がいつもバッキバキに割れている」とのタレコミ情報が届いていました。

その事について設楽さんが「小沢さんの携帯ってキレイにしてそうなのに…。何かやっぱぶっ叩いちゃうんですか?『携帯野郎!』って言って」と伝えると、小沢さんは「違います!」とその事を否定。

2014年に結婚した小沢さんは私生活では4歳と7歳の娘の母親ということで「子育てしてると、まず子供優先になるから携帯も大事なんですけど、大事で膝の上にしっかり置いてるんですけど…。子供が予想外の動きをするじゃないですか。その瞬間、忘れて立ち上がったらバリンっていうのが何回もあって」とスマホ画面が割れる理由を明かします。

また、設楽さんが「カバー貼ってないんです?かケースに」と問いかけると、小沢さんは「貼っててもこうなるんです。ケースに入れても」と語りました。

■小沢真珠出演の『ノンストップ!』に反響

今回の放送に対して、ネット上では「小沢真珠さん素晴らしいお母さんだなー女優としても母としても素敵すぎる」「牡丹と薔薇懐かしいな。小沢真珠さん、あの頃のイメージと全然変わってなくてキレイ」「ボタ薔薇観てたなぁそれから小沢真珠さん好きになった」などのコメントが上がっています。

『牡丹と薔薇』がブームになっている時に「ブタ!」と言ったら喜んでくれたという小沢さん。そのエピソードは当時ドラマを観ていた人にとってたまらなかったようです。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.