古舘伊知郎、小泉今日子が"永遠のアイドル"と称される理由を明かす!松田聖子との違いも解説

投稿日:2021/10/12 13:20 更新日:

10月11日、フリーアナウンサーの古舘伊知郎さんのYouTubeチャンネル「古舘Ch」では、歌手の小泉今日子さんについて語る動画を公開。小泉さんが"永遠のアイドル"と称される理由について語り話題を集めています。

古舘伊知郎

(画像:時事通信フォト)

■古舘伊知郎、小泉今日子が"永遠のアイドル"と称される理由を明かす!松田聖子との違いも解説

古舘さんが司会を務めていた音楽番組『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)に出演したアーティストの思い出を語るシリーズ。今回は、小泉今日子さんについて、放送作家の寺坂直毅さんと共に語っていきます。

小泉さんのことを "永遠のアイドル"と称する2人。古舘さんは「小泉今日子っていう人のもう根っから持ってるセンス、感受性だと思うんだけど、偉そうぶらない、謙虚になりすぎない、マイペースを保ちながら人を嫌な気持ちにさせないってのは終始一貫してた」と語ります。

寺坂さんが「本当に、他の歌手よりもしゃべりは素というかね、こう普段の感じが出てるなって僕思ってましたずっと」と言うと、古舘さんは「それがさっき言ったあの人のセンスで」と共感しました。

さらに、古舘さんは「ぶりっ子って言葉ありましたね。ぶりっ子もあの松田聖子さんまで行ってしまえばラインを飛び越えてるんで超絶技巧に入っていくわけだけど」「だけど、小泉今日子さんは、キョンキョン、本当に素の話なんですね」としみじみ語ります。

そして「たとえば、フジテレビの地下1階のそば八の前で立ち話してるみたいな」「『うん、そうそう、そうだったそうだった。私忘れてましたよ~』みたいな感じで、自然な語りしてましたね」と、小泉さんの自然体なしゃべり方について振り返りました。

■古舘伊知郎、小泉今日子に対し「不動明王」と言ったワケとは

「あと夜ヒット、タイムトンネルって企画ありましたよね?」と振り返る寺坂さん。「タイムトンネル」とは、そのアーティストの「夜ヒット」登場初回から順に昔の映像を追っていくというもの。

寺坂さんは「たいてい松田聖子さんとかは、自分の昔の映像出ると『嫌だぁ』とか『恥ずかしい』とか言って恥ずかしがる」「キョンキョンって堂々と自分のを見てるような気がしました」と思い出を語りました。

すると、古舘さんも「全くこれ(両手で顔を押さえて恥ずかしがる仕草)ない」と同意。「これもなければ、指を開いてこの隙間から見るもなかった」「普通に笑いながら、にこやかに笑いながら見てましたね」と、小泉さんの堂々とした態度を振り返ります。

そして、当時の自身の司会を思い出し「『こんなににこやかな不動明王見たことがない』みたいなことを言った記憶がある。今思い出した」という古舘さん。これには宮坂さんも大ウケします。

古舘さんの司会に対し、当の小泉さんは「だけど、キョンキョンそれも怒るでもなく流してました。右から左に流してました」とのこと。古舘さんは、小泉さんの堂々とした自然体の様子を振り返り、絶賛しました。

■古舘のキョンキョン評に視聴者「キョンキョンにゲストに来てもらって」

小泉さんが"永遠のアイドル"と称される所以について深堀していった今回の動画。

古舘さんと寺坂さんのトークに対し、ネット上では「キョンキョンは本当に楽曲が良くてアルバムとかもたくさん聞いていました」「キョンキョンにゲストに来てもらって歌ってもらいたい」「このシリーズ好き。ナンノと中山美穂さんもお願いします」との声が上がっています。

小泉さんを隣で見てきた古舘さんだからこそ語れるトークに、納得した視聴者も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
古舘Ch
https://www.youtube.com/watch?v=5DgZoB6nZgo
(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.